811

現在811手法公開中!

FX手法

適当に取引しても勝ててしまうのがFXの怖さ

2014.11.18 | 
 

10回

適当に...

FXは所詮「上がる」「下がる」しかないんだから簡単だと勘違いしていました。
実際は非常に奥が深く、生半可な事をやっていても儲ける事は出来ないんだと気が付いたのが、貴重な資金を失ってからです。
プロのFXトレーダーになる為には、相当の鍛錬と経験が必要なのに、何故か始めたばかりの初心者でも、勝てると勘違いして気持ちが大きくなってしまいます。それが、FXの怖さだと思います。
50%の確率ですので、適当にやっていても、FXで勝ててしまう事が勘違いを生む原因なのかもしれません。

FX手法概要

手法名 FXで勝てるようになるには順番がある
開発者 吉田隆さん
勝てる? 勝てない
取引スタイル デイトレード
時間足 10分足、15分足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、ユーロ米ドル
分析手法 移動平均線、一目均衡表
その他選択項目 ハイレバレッジ、順張り
取引市場 欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 5時間
FX業者 月間取引頻度 50回
エントリー注文 成行 決済注文 成行
勝率 50% 損益レシオ R=0.3
平均利益 +30pips 平均損失 -100pips

損切りせずに最終的に大きな損失に

自分のスタイルとしては、FX投資の書籍を参考にして「移動平均線」「一目均衡表の雲」を同時に見てFX取引をしていました。
短期の平均線と雲の上限や下限をブレイクしたら「順張り」みたいなシンプルなルールです。
始めて1か月くらいは、勝ったり負けたりで横ばいでしたが、2カ月目にはFX相場が合致したようで、新規のポジションを建てるたびに利益になりました。まさに打出の小槌状態であり、自分の場合はここで勘違いをしてしまったのです。
「やばい。FX簡単すぎww」「このままいったら一年後の資産は○○百万円」なんて想像を膨らましては、一人でニヤニヤ(^_^.)ww してました。
しかし、そんなに世の中は甘くないです。。次の月には一気に逆の波が押し寄せて連敗。連敗。連敗。前月の勝ちは一体なんだったのか?と思う程、損切りばかりのポジションになってしまいました。
損切りすることも慣れていないわけですから、やがて損切りがトラウマになり嫌になっていくわけです。損切りをしなければ、いつかは逆のポジションを掴まされます。そのポジションをホールドする度胸も自分にはなく、変なところで後悔しながら損切りをする。というFX取引を何度もやりました。
そして、折角前の月で稼いだ利益をすべて掃出すことになった次第であります。この繰り返しで、気持ち的にも熱くなりすぎて周りが見えなくなっていきました。そして、最終的には大きな損失になりました。

何が問題だったのか?

一番の問題点は、すぐに結果を求めてしまったことです。冒頭でもお話したように、プロのFXトレーダー(勝てるFXトレーダー)になる為には、他のプロの世界のように、相当な訓練が必要です。
野球選手でもサッカー選手でもプロになる為には、子供のころから長い時間を掛けて努力をしています。誰でもすぐに上手くなるはずはなく、それはFX投資の世界でも同じです。
しかし、自分の場合は初めてすぐに結果を出さなければならないという変な焦りが付きまとい、FXトレードの過程は無視して、結果ばかり重視してしまったと思います。それが大きな損失に繋がってしまいました。
物事には順番があり、FXの世界でも順番を無視しては、勝てないのは当たり前ですね。今は、様々なFX手法を検証していますが、きっちり順番を守ってデモトレードから始めるようにしています。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

10回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

811

ページトップへ