811

現在811手法公開中!

FX手法

仕事中スマホでエントリーできるヒゲトレードFX手法

2014.09.19 | 
 

26回

仕事中...

あまりFXトレードに時間がとれないものですから、4時間足や日足をみて、コツコツとやっています。
仕事の合間であっても、4時間に1回くらいであれば、スマホ版のFXアプリでレートチェックも出来ますし、エントリーもできます。
ただし、スマホで判断できる、容易な分析方法を使わなくてはなりません。スマホでもエントリーできる方法、即ちそれは「ローソク足のヒゲ」を意識することです。

スマホFX手法の概要

手法名 スマホFXトレード
開発者 鈴定さん
勝てる? 勝てる
取引スタイル スイングトレード
時間足 4時間足、日足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロ米ドル、ポンド米ドル、豪ドル米ドル
分析手法 ローソク足
その他選択項目 低レバレッジ、逆張り、順張り
取引市場 オセアニア市場、東京市場、欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 2日
FX業者 月間取引頻度 5回
エントリー注文 成行 決済注文 指値、逆指値
勝率 40% 損益レシオ R=3
平均利益 +120pips 平均損失 -40pips

仕事中のFXチャートチェックは3回!

やり方は至って簡単で、4時間足や日足で下ヒゲが出たら「買い」上ヒゲが出たら「売り」です。
ただし、全ての場面でエントリーしては、負けてしまいますので、状況に応じて判断します。ルールとして決めているのは、以下の2項目です。
紛らわしいので、「買い」ポジションを持つ場合のルールです。
1.上昇トレンドが出ている時の押し目買いでの下ヒゲ
2.下落トレンドが出ている時の下ヒゲ
この2つ以外は、ヒゲが出ても無視します。つまり、ボックスのなかではFX取引しない事を示します。
4時間に1回、ローソク足が確定しますので、その時間帯を覚えておいて、チャートをチェックします。
そして、ヒゲが出たと思ったら確定した時点でポジションを持ちます。仕事中のチャートチェックは、4回だけすればよいので負担なく続けることができます。

決済方法について

損切りは、ヒゲの安値を抜けたらです。ただ、安値では買い注文と売り注文が交錯して、ちょっとだけブレイクする形がよくあります。
このような、動きに引っかからないように、安値から10pips程広げて損切りを置きます。
利益確定は、損切りの値が決まったら、その値の3倍の位置に指値をおきます。
損切りが-50pipsだったら、利確は+150pipsということです。10回取引して3回勝てば利益が残る設定です。

低レバレッジでFX取引

基本的にこのルールは、レバレッジをあまり掛けずに行った方が良いです。
何故かというと、レバレッジが強すぎると本業に支障が出ます。これは、自分の経験から分かることですが、仕事中にドキドキして胸の高鳴りを抑えきれないような枚数でFX取引してはいけません。
損切りされたとしても、「あ~今回はダメだったか。」と思えるようなレバレッジにして下さい。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

26回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

811

ページトップへ