797

現在797手法公開中!

FX手法

ストキャスティクスでシンプルトレンドFX手法

2015.07.14 | 
 

14回

ストキ...

FXで一番大事なのは一時期的に大きく稼ぐことではなく、今後もずっと勝ち続けていくことが一番大事だと思ってます。
安心して利益を上げ続けていくことはとても重要なことで、いくら大きく取れるシステムがあったとしても、安心できないFXトレードでしたら精神的にもきついですし、また続けていくことも難しいと思います。
今回紹介するFX手法は簡単なので、毎日片手間に取り組んでいくことができると思います。簡単でないと続けていくことができないですし、続けていかないと資金は増えませんので、このことはとても重要なことだと思います。
また一度に大きく取るのではなく、損失をできる限り減らし、毎日ほんの少しでも利益が出せるようなFX手法だと思います。

FX手法概要

手法名 ストキャスティクストレンドFX手法
開発者 ハシモトさん
勝てる? 勝てる
取引スタイル デイトレード
時間足 15分足、1時間足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円
分析手法 ストキャスティクス、移動平均線
その他選択項目 順張り
取引市場 欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 2時間
FX業者 GMOクリック証券 月間取引頻度 10回
エントリー注文 成行 決済注文 指値
勝率 50% 損益レシオ R=1.5
平均利益 +20pips 平均損失 -10pips

移動平均線とストキャスティクス

■使用テクニカル
・移動平均線
・ストキャスティクス
・ローソク足(あたりまえですが)
この3つだけです。シンプルにテクニカルが少なくても十分勝てると思ってます。
移動平均線ですが、期間を[8][20][100]に設定します。
次にストキャスティクスを期間を[9]に設定します。
○買いエントリー
100日移動平均線が上向き、20日移動平均線が上向きの時、一旦ストキャスティクスが50のラインよりも下に下がってきて、再度上に向かって上昇し、ローソク足の終わり値が8日移動平均線より上で引けた次の足の始値でロングエントリーを入れます。
○売りエントリー
100日移動平均線が下向き、20日移動平均線が下向きの時、一旦ストキャスティクスが50のラインよりも上に上がってきて、再度下に向かって下降し、ローソク足の終わり値が8日移動平均線より下で引けた次の足の始値でショートエントリーを入れます。

利益確定と損切りの設定

決済はOCO注文を使って決済します。なので、エントリーした瞬間に設定したら後はほったらかしになります。
買いの場合は、ストップは直近の安値、売りの場合は直近の高値に置きます。リミットはストップまでの値幅と同じだけエントリーした値に足した所に置きます。
あとは決済されるまで放置します。設定さえすればあとはパソコンから離れてしまっても構いません。

FXトレードする時間帯に注意すること

トレンドフォローのFX手法は大抵の分野では利益が出せる手法なので、一度過去検証された上で挑戦してみても良いかと思います。
自分で検証してプラスの収益が確認されれば、今後も自信を持ってその手法でトレードできるのです。相場は24時間動いてますが、その時間帯によって動き方は大きく違ってきます。
昼間と夕方以後では全然違う動きをしますし、また祝日等では相場は動いていても通常とは違った動きをします。今回のFX手法はトレンドフォローの手法であり、デイトレードをされる方はFXトレードする時間帯にも気をつけるようにして下さい。
やはり昼間はレンジの傾向が強く、夕方以降の方がトレンドが発生しやすくなります。なのでできる限り夕方以降に絞ってFXトレードされることをお勧めします。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

14回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

797

ページトップへ