797

現在797手法公開中!

FX手法

ストキャスティクスと高値・安値を使ったブレイクFX手法

2014.09.04 | 
 

16回

ストキ...

サポート・レジスタンスラインを適切に使うと、強力なFX手法が誕生します。
特に15分足でのデイトレードの場合は、これを使えると使えないとでは大きな差が生まれます。
このラインとインジケーターを組み合わせることで、非常に有利な分析ができます。

FX手法概要

手法名 損小利大のブレイクFX手法
開発者 kaguraさん
勝てる? 勝てる
取引スタイル デイトレード
時間足 15分足、1時間足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、ユーロ米ドル
分析手法 ストキャスティクス、高値安値
その他選択項目 ハイレバレッジ、順張り
取引市場 東京市場、欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 5時間
FX業者 外為ジャパン 月間取引頻度 5回
エントリー注文 成行 決済注文 成行
勝率 40% 損益レシオ R=3
平均利益 +30pips 平均損失 -10pips

使用するのはストキャスティクス

インジケーターは「ストキャスティクス」を使います。
設定値は(9.3.3)チャートは15分足と1時間足で、以下のタイミングでエントリー。
1.まず、1時間足で2回反発してるポイントにラインを引きます。これが一番重要な作業です。ポイントはヒゲを無視してラインを引く事です。そして、ある程度大雑把に見る事。2回反発といって、ほとんど誤差ない場面だけでは、取引の回数が少なくなってしまいます。
2.次にストキャスティクスでクロスをしているかを確認します。クロスしていない場合は、高値圏・安値圏でもみ合っている事を意味していることになります。
3.上記2つの条件が揃っていたら、後はブレイクを待ちます。エントリーの時間足は15分足。15分足の実体でラインを抜けたら、成行で新規ポジションを建てます。
※ユーロ円1時間足

※ユーロ円15分足

損切りと利益確定の設定

損切りは、ラインをローソク足実体で逆に抜けたらです。例えば、100円が高値だとして、終値が99.95円で引けたら損切りということです。つまり、成行で迅速な損切りを行うことができます。
利益確定ルールについては、明確な数値は設定しておりません。
その時の状況によって変わってきます。ただし、利益を伸ばすに越したことはありませんので、平均すると損失の3倍以上の利益は取っています。固定リミットでも良いですし、サポートラインやレジスタンスラインでストップを切り上げるルールでも良いと思います。
重要なのは、損失と利益の比率ですので、そこには拘って下さい。
※ユーロ円15分足 決済イメージ

複数の時間足を使うと勝率が上がる

FX手法は、単一の時間軸を使うものは、複数の時間軸を使うものと比べて勝率が低いと思います。
それは複数の時間足を使って、FX相場の状況を細かく観察することで違いを生むからです。エントリーが失敗してしまいそうなポイントを回避できるか、できないかの違いです。
私の場合は、これを基本ルールとして、FX相場によって若干の変更を加えるようにしています。
FX相場の動きは1年中リズムが同じなわけはありませんし、ファンダメンタルズの重要度で展開は180度変わります。
だからこそ、FX相場の流れに合わせるFX手法が必要になってきます。この「FX相場の流れに合わせる」といった感覚こそが、FXで安定して勝つ為に重要だと思っています。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

16回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

797

ページトップへ