• HOME
  • 相場の格言
  • 相場は何でも知っている@「間違っているのは自分」という事実を知ろう

相場の格言

相場は何でも知っている@「間違っているのは自分」という事実を知ろう

2014.02.17 | 
相場は...
相場は...


投資を行っていると、時に相場が全く予想外の動きを見せたりする事があります。これは、株取引でもそうですし、FX取引においても同じ事が言えるでしょう。

投資を長年行っている熟練の投資家でも、また投資の神様と言われるような投資家でも、このような相場の動きを事前に知り得る、予測するという事は、インサイダー取引や事前に経済指標のデータを知るなどの人工的な要素がない限り、極めて困難なことです。

相場の動きは予測するということは、知識や経験量などで、その正確性が変わってきますが、どんなに高度な知識を持っていても、またどんなに経験を積んでいても、完璧にその動きを読むという事は不可能なのです。


「相場は何でも知っている」という相場の格言は有名です。
そのままの意味の格言ですが、前述したように、どんなに相場を知り尽くしているというような投資家でも、その動きを完璧に予測するというのは不可能です。

また、予測できたとしても、不可解な動きをする相場に対してどのような行動を取るかにもよって結果は大きく変わってしまいます。結局、相場の事は相場が一番知っているという事です。

例えば、東日本大震災の後の相場は、まさに「相場だけが知っている値動き」だったと言えます。震災発生後、クロス円は大きく円高に振れました。突発的な値動きで、勢いよく買われる円通貨。日本の経済は一体どうなってしまうんだ・・と多くの人が心配なさったことだと思います。

しかし、わずか数日間で事態は一変します。震災発生は金曜日でしたので、週が開けて月曜日。相場は一転して大幅上昇。円安に振れることになります。

これは、各国が足並みをそろえて為替介入をした事が原因ですが、この上下の激しい値動きを予測した投資家はおらず、結局、地震発生の時期はもちろんのこと、その後の、極端な円高・円安の動きというのは、「相場だけ」しか知らなかったのです。


絶対に勝てる!なんて情報に惑わされてはいけません。相場に絶対はないのです。

何度も同じことの繰り返しになってしまいますが、相場の事を完璧に知り尽くしているのは、新進気鋭の投資家でも、経験豊富な神様と呼ばれるような投資家でもなく相場なのです。

その為、FXの情報商材における「私だけが知っている!相場で確実に勝てる手法!」このような嘘くさいタイトル、そして甘い情報には耳を貸さないほうが良い。とも、この格言から解釈することが出来ます。

「FXの聖杯」なんて言葉があるように、完璧な手法を求めている方もいらっしゃると思います。そんな人には夢も希望もない話になってしまいましたが・・・少し希望のある話もしたいと思います。

FX相場の動きを完璧に読み取る事は不可能だが、「場面によっては」自分の思惑通りの読みが出来るようになるとも言えるでしょう。その場面を探すのは、大変な作業です。日々の勉強や研究でしか、その場面を見つけることはできません。しかし、「その場面」を多く見つけることが出来れば、一生の財産になることは間違いありません。

「相場が何でも知っている」事を踏まえた上で、自分がどういった取引を行うべきなのか?をまずは考えて見ることが大切だと思います。






関連記事 こちらの「相場の格言」もご覧下さい

コメント

  • 16.12.26
    12:38
    馬鹿げてる 伝説の相場師
    「相場自身が知っている」って結局っどういうことだよw
    ただそれっぽいようなことを言ってるだけじゃねえか!
名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意