800

現在800手法公開中!

FX手法

損失を最小限にしてリスクを少なくすればFXで勝てる可能性が高まる

2014.08.01 | 
 

3回

損失を...

利益を出すための方法は人によって違うので、一概にどの方法が一番いいかとは言えませんが、できるだけ損失を最小限にして取引をするリスクを少なくするのが良いと思います。
なぜならFXの取引で勝つためには損を小さくして利益を大きくする必要があるので、損を小さくすればそれだけ勝てる可能性が高まるからです。
またFXの取引の初心者はあまり高度なFX手法を使用するのではなく、わかりやすくてシンプルなFX手法を使用した方が良いと思ったのも、投資経験から学んだことです。

FX手法概要

手法名 -10pipsで損切りすることでリスク回避するFX手法
開発者 B-dashさん
勝てる? 勝てない
取引スタイル スキャルピング
時間足 10分足
通貨ペア ユーロ米ドル
分析手法 ストキャスティクス、ボリンジャーバンド
その他選択項目 逆張り
取引市場 欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 20分
FX業者 外為オンライン 月間取引頻度 50回
エントリー注文 成行 決済注文 成行
勝率 40% 損益レシオ R=1.5
平均利益 +15pips 平均損失 -10pips

2つのテクニカル分析

私のFXの取引方法なのですが、基本的にボリンジャーバンド、ストキャスティクス、これら2つのチャートを使用しています。
通常トレンドが発生している相場の方が利益を出しやすいのですが、私は逆にトレンドが発生していない持ち合い相場でエントリーをしています。
具体的に、どのようなタイミングでエントリーをしているのかというと、ボリンジャーバンドの±3αに値が達し、なおかつストキャスティクスでも20%、80%に達して二つの買いサイン、売りサインが一致したときに逆張りでエントリーをします。

利益確定と損切り

損切りポイントはエントリーの価格から10pipのところに設定しています。そのため仮に損失を出してしまっても損失を最小限に抑えることができます。
逆に利益確定のポイントですが、基本的には損切りポイントの2倍である20pip先のところにしています。しかし実際は平均して15pipくらいの利益になることが多いです。

初心者でも理解できる簡単な手法

この方法は、損切りポイントを10pipのところに設定しているため10pip以上の利益を出すことができれば、2回取引をして1回利益を出せればトータルで勝つことができるのでおすすめのFX手法であると言えます。
それから、取引の仕方もシンプルなのでFX初心者の人でもすぐに理解することができます。
現在、リアル取引で枚数を少なくして検証していますが、FX相場に合っていないのか利益は出ていません。ただ、前述したようにリスクを少なくしているので、ほんの少しマイナスという程度です。今までやってきた、どのFX手法よりも手応えを感じていますので、取引は継続したいと思っています。
FXで大負けしてしまう人にとっては、やってみる価値のあるFX手法だと思いますので、試してみてください。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

3回



関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

800

ページトップへ