811

現在811手法公開中!

FX手法

損切りができない人のための海外FX口座を使った資金管理手法

2015.12.02 | 
 

15回

損切り...

FX初めて結構たちますが、損切りが苦手でどうしても予定損切りポイントを離れ決済もしくはロスカットしてしまうことが多く、コツコツと積み上げてきた利益も瞬間的に消えることがよくありました。そんな時に確実に損失をコントロールし、積み上げた利益を守るためのFX手法です。

FX手法概要


手法名 損切りできない人のための資金管理FX手法
開発者 るきちゃんです。さん
勝てる? 勝てる
取引スタイル スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、長期保有
時間足 1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロ米ドル、ポンド米ドル
分析手法 移動平均線、ボリンジャーバンド
その他選択項目 ハイレバレッジ
取引市場 欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 60分
FX業者 XM 月間取引頻度 100回
エントリー注文 成行 決済注文 成行
勝率 70% 損益レシオ R=3
平均利益 +30pips 平均損失 -10pips

エントリーは5分足チャート

エントリー方法は、いろいろありますが、主にユーロ/ドル、ユーロ/円、ユーロ/ポンド、ドル/円の1分足、5分足をチャートで観察。テクニカル分析は平均線とボリンジャーバンド。スキャルピング~デイトレで、持越しはしません。
ボリンジャーバンドの2σを超えた後の動きで順張りもしくは逆張りエントリー。前回高値、安値のブレイクや、ボックス等でエントリーしてます。

損切りを出来なかった為の保険をかける

損切ができない人は、「資金管理FX手法」を使えば、損失のコントロールが容易くなり、無駄な損失を抑えることができます。簡単に説明しますと、海外FX口座ではよくある追加口座を使い、資金の管理をします。
まずは、損切のルールを自分の中で決めてください。その損切ルール(例えば-20pips等)に従い、必要証拠金+損切ルールの金額を口座に残し、残りを追加口座に資金移動してください。
FX会社により、ロスカットの基準が違いますので、お使いのFX会社の基準を確認してください。
(ロスカットされないところもあれば、資金が証拠金を下回った時点でロスカットするところもあります。ロスカットされないところであれば、損切ルールの金額で、証拠金以下でロスカットなら、証拠金+損切ルールの金額。となります。)
そうすることにより、例えうまく損切りできなくても、損失は、口座の中の金額のみとなります。
もちろんロスカットされる前に、自ら損切することが一番好ましいと思います。あくまでも損切できなかった時のための保険と考えてください。FXトレード後、利益が出れば、その分をまた追加口座に。
もし損失が出て、資金がなくなった場合は、追加口座から、資金を振りかえる。1トレードごとに繰り返してください。こうすることにより、大きな損失を出すことを防ぐことができます。
国内FX会社等で、追加口座がないFX会社をお使いであれば、その都度資金の入出金をするなど、口座に資金は、最低限にしてください。
損失のコントロールだけでなく、無駄なナンピンや、損失が出た時に、資金移動の手順を踏むことにより、感情的なエントリーを少し抑えることができます。

うまく損切りできればプラスになる

損切の必要性は言うまでもなく、コツコツと積み上げた利益を守るためには必要不可欠なものです。損切が苦手でマイナスが膨らみだすと、決済ボタンを押すことができない、エントリー時に決めた損切ラインを取り消してしまう。
そんな状況では損大利小となってしまいます。うまく損切りさえできれば月間損益もプラスにすることも容易くなるのではないでしょうか?
※海外FX業者で最も重要なのは100%出金できること!
出金拒否なし、安全な「海外FX業者」はこちら↓↓

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

15回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

811

ページトップへ