FX手法

スキャルピングは楽しいが、勝てないと思い知らされた

2014.04.10 | 
 

4回

スキャ...

nakanakanaorani

FXの王道はデイトレードや中長期のトレードだと思います。私も基本はデイトレードやスイングトレードをしていますが、エントリーやイグジットに時間がかかり、勝つためにはかなりの忍耐力が必要です。

私は為替レートが、動く度に「ドキドキ」するのがすごく好きなので、すぐにポジションを持ちたくなってしまいます。しかし何の考えもなしに、エントリーして勝てるほどFXは甘くなく、これまで何度も痛い目にあってきました。

それでもどうしてポジションを持ちたくなったときは、デイトレードとは別にスキャルピングをしてしまいます。これは、もう病気みたいなものです。

よくFXでは、「ポジポジ病」と表現されますが、自分自身がこの「ポジポジ病の」重病患者だと思っています。

スキャルピングはとても楽しいです。非常に魅力があります。しかし、楽しいからと結果はついてきません。それが、投資の厳しいところです。以下、私がスキャルピングで負けた手法です。


手法概要

手法名 1分足「雲」の反発を狙ったスキャルピング手法
開発者 minaga-wa さん
勝てる? 勝てない
取引スタイル スキャルピング
時間足 1分足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、ユーロ米ドル
分析手法 一目均衡表
その他選択項目 逆張り
取引市場 欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 20分
FX業者 GMOクリック証券 月間取引頻度 3回、100回
エントリー注文 成行、指値 決済注文 成行
勝率 30% 損益レシオ R=1
平均利益 +7pips 平均損失 -7pips

スキャルピン手法の詳細

sonsitu

見ているチャートは1分足だけで、テクニカルインジケーターは、一目均衡表の雲です。ファンダメンタルズは完全に無視しています。

エントリー方法は1分足のレートが、一目均衡表の雲にふれたところで売買ます。出来るだけ、厚い雲を狙います。ただその繰り返しです。

1回のトレードの利確は3PIP~10PIPSロスカットは、雲を明確に抜けたらです。大体、5pips~10pipsくらいで損切りとなります。

取引する時間帯は、大きく動くロンドンとニューヨークが被っている時間、20:00~24:00 です。

最初の頃は、この手法で利益を得ていましたが、ボラティリティがなくなるとさっぱり勝てなくなりました。

7連敗したところで、心が折れてしまい、それからはやっていません。損小利大の手法で、7連敗の後に2連勝して損失を取り戻した!なんてことには、ならない手法です。損失と利益の比率が1:1 なので、7連敗してしまえば、その損失を取り戻すには大変な苦労をしなくてはなりません。

この手法をスキャルでやるにしても、損失と利益の比率をもっと検討すべきでした。また、新たにスキャルピングの手法を作る時は、この点に注意したいと思っています。


この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

4回







関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

759