783

現在783手法公開中!

SBIFXトレードの特徴@最小取引単位などに大きな特色

SBI FXトレードには他社にないいくつかの大きな特徴があります。
特に取引条件面で他社に絶対負けないものを提示してくるのが、この会社の競争優位性を発揮していくための大きなポイントとなっており、それが取引ボリュームの活性化にも繋がっているとも言えるでしょう。

18歳から取引可能な珍しい取引会社

SBI FXは、取引対象年齢に特徴があります。国内にあるほとんどのFX取引会社が20歳以上からの利用に制限がされている中で、SBI FXトレードだけが18歳から取引可能にしていることは特筆ものです。
金融庁では特段未成年者の制限を設けていないようですが、なぜかこの会社だけが18歳からの取引を可能にしているのです。したがって未成年者が国内で取引できるFX業者といえばこのSBI FXしか存在しないのが現状となっています。
若い人でも経済や投資に興味を持っている人はたくさんいます(実際に若くして成功している人のほとんどは10代の頃にその基礎が出来上がっています)ので、ベンチャー金融グループであるSBIはそうした人の成長を応援したいという思いがあるのかも知れません。

1ドルから取引可能

また、1ドルから取引可能であるところも同社の取引サービスの大きなポイントです。
利益を出すのは大変ですが、総額1万円の証拠金で売買をはじめることも可能なのです。
1ドルから売買ができるのはこの会社とオアンダの2社だけとなっています。このあたりにも、若い人に投資の機会を広げようとする同社の考えが垣間見えます。
日本初で、対円通貨の小数点以下4桁までの呼値を設定しているのもユニークです。小刻みに利益を積み重ねるスキャルピングなどでは確実に利益を確保することができるようになっているのです。
しかも、外貨同士の通貨ペアの組み合わせの場合、小数点以下6桁表示での取引となります。

スプレッドの狭さ、スワップポイントの高さも重要な性能

さらに業界最狭水準のスプレッドの提供も同社の大きな特徴となっています。2013年の夏ごろにスプレッドが広がった時期があり、顧客の取引が大幅に減少したことに鑑みて、SBI FXトレードではとにかく業界最狭のスプレッドを再度徹底して目指すこととしたようで、今でも取り扱い全通貨で最狭のスプレッドを提供しています。
したがって、競合がスプレッド狭めてくると必ずこの会社も見直しをかけてくることになります。スワップポイントについてもかなり配慮しているようで、主要通貨のスワップポイントは軒並み業界最高レベルを維持しています。このように、スペックベースでみると最も取引しやすい会社ですし、デイトレードやスキャルピングにも非常に適した会社であるといえます。
したがって、とにかく業界最狭のスプレッドや最高のスワップポイントを確保してトレードをしたいと思うのであればこの口座を徹底利用することがお勧めです。
業者自身がこうしたスペック提供を最大のカッティングエッジであると自認している以上、これからも十分に競争力のある条件を提示してくれることは間違いなく、これを存分に使いこなすことは大きな利益に繋がっていくということができます。

関連記事

ページトップへ