783

現在783手法公開中!

SBIFXトレードで利用できるテクニカルーツール!

SBI FX TRADEにはトレンド系とオシレーター系の両方のテクニカルツールで主要なものがすべてあらかじめ実装されていますので、どのようなトレーダーの分析ニーズにもしっかり応えることができます。
具体的には、以下のようなツールが実装されています。

リッチクライアント版トレーディングツールは業界最高水準

・トレンド系ツールトレンド系ツールとしては、単純移動平均線(SMA)、指数平滑移動平均線(EMA)、一目均衡表、ボリンジャーバンド、パラボリックSAR、エンベロープ、ピボット、フィボナッチとほぼ主要なものを網羅していますので、自在に利用していくことが可能となっています。
・オシレーター系ツールオシレーター系ツールも豊富で、RSI、CCI、ADX、STDEV、SONAR、TRIX、DEMARK、ROC、REVERSE、DMI、MACD、MACDオシレーター、RCI、サイコロジカルライン、ストキャスティクス、強弱レシオ、ウイリアムズ%R、乖離率が実装されています。
しかも同社のユニークな特徴として、チャート上で保有ポジションや指値の情報なども常にチェックできるようになっていますので、機動的な取引が可能です。
操作も簡単で人の直感に根ざしたユーザーインターフェースになっていますので、いちいちマニュアルを精読しなくてもすぐに使いこなせるようになるところも嬉しいポイントです。

Web版でもこれだけのツールが利用可能

Web版のチャートについて、テクニカルは以下のものが使えます。
モメンタム、RSI、ROC、単純移動平均、MACD、%価格オシレーター、ストキャスティクス、指数平滑移動平均線、ボリンジャーバンド、加重移動平均線、エンベロープ、パラボリックSAR、DPO、ATR、CCI、アルティメットオシレーター、ウイリアムズ%R、DMI、ADX、線形回帰分析、一目均衡表 といったもので、若干リッチクライアント版に比べると制約はあるものの、主要なものはすべてカバーしていますので、ほとんどの投資家はこれで事足りるでしょう。
チャートも見やすく、これはこれで結構使いやすいものに仕上がっているといえます。 

機能スマートフォン版アプリで移動中のトレードもハンディなし

スマートフォンの場合も高機能チャートを存分に利用することができることが大きな特徴となっています。移動平均線、MACD、RSI、一目均衡表、ボリンジャーバンドなどのテクニカル分析指標を搭載していますので、スマホでありながらもほぼ主要なテクニカル分析ができるのが魅力となります。
見やすいディスプレーとレイアウトには定評があり、スマホでの利用のしやすさからこの口座を選択するユーザーもかなり増えてきているとのことです。
もはやスマホでのテクニカルツールのユーザビリティは重要な業者選択基準となってきていることがわかります。

関連記事

ページトップへ