FX手法

【両建てFX手法】トレンドの騙しが怖い人向け

2014.05.03 | 
 

31回

【両建...

シンプルなFX手法

はじめまして。自分がよく使うFX手法を紹介します。

レンジ場に、相場が動いている時、次に価格が「上昇なのか?」「下落なのか?」どのように動くのか、迷ってしまいますよね?

ここでのポジション取りは非常に難しいところです。

今回ご紹介する手法は、そんな迷いを解消する「シンプルなFX手法」です。


手法概要

手法名 ポジションを犠牲にしてトレンドに乗る!
開発者 もやしっこ さん
勝てる? 勝てる
取引スタイル デイトレード
時間足 5分足、15分足
通貨ペア ユーロ米ドル、ポンド米ドル
分析手法 移動平均線、高値安値
その他選択項目 両建て、低レバレッジ
取引市場 東京市場、欧州市場 ポジション保有時間 10時間
FX業者 GMOクリック証券 月間取引頻度 3回、20回
エントリー注文 指値、逆指値 決済注文 成行、逆指値
勝率 40% 損益レシオ R=3
平均利益 +30pips 平均損失 -10pips

取引環境

それでは早速エントリーのルールを記載していきますが、その前にチャート環境です。

  • ・時間足:5分足チャートと15分足チャート
  • ・テクニカル:移動平均線(21EMA)
  • ・取引する通貨ペア:EUR/USD、GBP/USD

取引ルール

トレンド方向のポジションが本命

で、エントリールールです。ややこしくなるので、全て「買い」の場合で説明します。

  1. ・今日の日本時間12時までの高値にラインを引く。
  2. ・移動平均線21EMAの水平を確認。緩やかな上昇や下落もOK。
  3. ・ブレイクの思惑で、高値+2pipsに逆指値注文
  4. ・同じレートに売り指値注文

この手法では、一つ目のエントリーが「本命」でブレイクを狙っていきます。二つ目のエントリーはブレイクが失敗に終わり、レンジ内で乱降下した時のリスクヘッジに使います。レンジ場でブレイクした時に、スグに戻ってきてしまう価格の動きがあります。この手法はその動きを考慮しています。

つまり、ブレイクして上昇勢いが増すのであれば、売りポジションはクローズして、買いポジションはトレンドに乗る。ブレイクせずに戻ってきたら、戻ってきた分の価格も利益にして、プラスマイナス0以上にする。ということです。

もしも、ブレイクせずに戻ってきても、売りポジションの利益は伸ばしません。あくまでも本命はブレイク方向ですので、買いポジションと相殺する形で、早めに利確をしてしまいます。

※エントリーイメージ

エントリーイメージ

損切りと利確ルール

最大のメリットは?

では、損切りはどうするか。ですが・・ストップ値は、-10pips にしています。レジスタンスよりも10pips崩れたら、そこはもう「レジスタンス」ではないという考え方です。

このように、損切りルールは設けていますが、本命のエントリーが失敗しても逆の対処でプラスマイナス0以上にする狙いがあるので、「本命のエントリーでは強気なエントリーができるというのが最大のメリットです。

利確のルールですが、高値を更新している状況で、5分足の最高値を試して失敗した箇所で行います。また1時間足などのレジスタンスを試して抜けきれなかった時にも利確をします。

※決済イメージ

決済イメージ

取引時間帯に注意!

東京時間とロンドン時間のみ

注意していただきたいのは、この手法は全ての時間帯で使える手法ではありません。

東京時間やロンドン時間でのみ有効です。もし、NY時間で使用するとなると、乱降下が激しいので、何らかのダマシ回避ルールがさらに必要になります。

また、値動きの少ない通貨ペア、例えば米ドル円なんかはこの手法に向いていません。

ある程度「動く通貨」で取引して下さい。自分の場合は、ユーロドルとポンドドルが相性が良かったので、主にこの2通貨で取引しています。

「トレンドに乗りたい・・けど騙しが怖くて乗れない」という人はこの手法を試してみてください。もちろん、売りで損切り。買いで損切り。というパターンもありますが、トレンドを掴んでいますので最終的には利益が残りますよ( ^)o(^ )

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

31回







関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

759