810

現在810手法公開中!

FX手法

FX手法は何でもよく利益と損失の比率が最も重要だと気が付いた

2014.03.10 | 
 

21回

FX手法...

tunepojitorou

最初にFXを行った時に取ったFX手法は、相場状況が上昇の一途だった事も「ロングポジションを取ればOK」というFX相場でした。

なので、多少の反発があって下がっても、ロング放置していれば勝てるという所からのスタートだったので、基本はポジションを取ったらロング放置でした。

当然、その後に大幅な反発が来て負けてしまったのですが、この時に、やはり損切りは重要だと言う事を実感しました。散々負け続けてから、取引スタイルを変えて、損切りポイントの設定は確実に行うようにしました。

しかし、常にポジションを取ろうとする癖が自分にはあり、その結果「高値掴み」「底掴み」をしてしまう事が多く、利益が出ないという事を繰り返し、損切りを繰り返していくうちに負けが広がりました。

テクニカル分析ではレンジを時間足から確認し、月足、日足、4時間足等から見極めて、オシレーター系で下がり過ぎの時にロング、上がり過ぎの時はショートという形でFX取引を行いましたが利益に繋がらず。

「ポジション保有時間を一日以上持ち越さない」「スキャルピングで短時間決済」など、色々な方法で取引を行っても、最終的には結果が出ずに、負けが広がっていく事になりました。
 

FX手法概要

手法名 FX手法は何でもよく利益と損失の比率が重要
開発者 里井 さん
勝てる? 勝てる
取引スタイル スキャルピング、デイトレード
時間足 5分足、15分足、30分足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ米ドル
分析手法 ピボット
その他選択項目 順張り
取引市場 欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 180分
FX業者 DMM.com証券 月間取引頻度 3回、50回
エントリー注文 成行 決済注文 成行、逆指値
勝率 50% 損益レシオ R=2
平均利益 +40pips 平均損失 -20pips

損小利大を意識することで勝てるようになった

katutame

現在勝てる一つのFX手法に辿りついたのは、非常にシンプルな事ですが、勝つ時に伸ばして、負ける時は小さくという事です。勝率を上げようと意識していた頃は勝てませんでしたが、「勝率は関係ない」と気が付いてからは勝てるようになりました。

通貨は米ドル円とユーロ円ですが、ピボット指標を使いシンプルにFX取引する事を心掛けています。

テクニカルに固執していた時期がありましたが、正直、テクニカルは何でも良くて、FXで儲けるためには、利益と損失の比率が最も重要だと思います。

大きな利益に繋がるという期待出来る所でだけポジションを取り、闇雲に入っていかない事。私の場合は逆張りは苦手で、主に順張りでFX取引しています。

利益と損失の比率を2対1で設定し、最終的に勝率が低くてもトータルで勝てるように目指しています。


この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

21回




関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

810

ページトップへ