FX手法

ポンド円がスキャルピングには最適!20pipsで利確

2014.10.07 | 
 

50回

ポンド...

スキャルピングでは短時間後の為替レートの予測で良いですし、スイングトレードのように持ち越ししないので、翌日や週明けに大きな窓を開けて取引スタートしてしまうリスクが無いのがメリットです。
一度の取引では利益が少ないですが、取引回数を多くして伸ばすこともできますし、ダメだったときは損切すれば良いだけです。
その代わりに短期的な相場の動きに翻弄されてしまうことはあります。集中力や精神力も要求されるのが難点です。

手法概要

手法名 ポンド円スキャルピング手法
開発者 伊東一さん
勝てる? 勝てる
取引スタイル スキャルピング
時間足 1分足、15分足
通貨ペア ポンド円
分析手法 MACD、ボリンジャーバンド
その他選択項目 順張り
取引市場 欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 30分
FX業者 みんなのFX 月間取引頻度 50回
エントリー注文 成行 決済注文 成行
勝率 50% 損益レシオ R=2
平均利益 +20pips 平均損失 -10pips

通貨ペアはポンド円

値動きが激しいほうが取りやすいので、英ポンド円の通貨ペアを使用しています。
オセアニア時間やアジア時間は比較的相場が落ち着いているので、欧州時間やニューヨーク時間中に取引します。
チャートはFX会社でご用意されているものを使用、短期的な値動きは1分足で、トレンドを見るために15分足を表示させています。
エントリー方法はテクニカル指標の「ボリンジャーバンド」「MACD」を参考にして順張りしていきます。
欧州時間が始まってボリンジャーバンドの幅が広くなったらトレンドが発生したと見て順張りします。
MACDの0のラインを上抜けるのを確認してからロング、下抜けるのを確認してからショートというシンプルな方法です。
※ポンド円1分足 エントリーイメージ

決済方法について

利益確定方法は基本的に素早く完了させたいので成行注文です。+20pipsを目安にして利益確定します。-10pips目安で損切りをです。
30分以上経ってどちらにも達しない時は、ポジション解消することもあります。
通常のスキャルピングでは達しないことがありますが、値動きの激しい英ポンド円と、相場が活発に動きやすい欧州時間とニューヨーク時間中に取引することで値幅を稼いでいます。レバレッジもかけているので、成功しているときは一日で結構いいリターンを得られることが多いです。
※決済イメージ

今後も勝てるようだったらシステム化したい

この手法はまだ始めたばかりなので成功しているとは言っても、たまたま良かっただけかもしれないと思っています。
今後も成功するようでしたら、時間がある時にメタトレーダー4をインストールしてシステム化したいと考えています。メタトレーダー4にはバックテストできる機能もありますので、過去の相場データで検証してから実運用したいです。
もし今後通用しなくなったら、また手法を練り直さないといけないですが、今までの経験が役立ちそうだなと思っています。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

50回





関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

736