805

現在805手法公開中!

FX手法

【Pin Bar】FX手法@15分足デイトレード

2014.06.28 | 
 

25回

【Pin B...

koukakuritu

極めてシンプルでありながら、期待値が高いエントリーポイントを紹介させていただきます。

「Pin Bar」を使ったFX手法です。これは、海外のFXトレーダーに多く取り入られているようで、私が見ているフォーラムでよく議論されています。

最近は日本でも有名になりましたが、正式名称は、Pinocchio bar(ピノキオバー)です。

Pinocchio bar(ピノキオバー)とは、つまり「長いヒゲのついたローソク足」です。

ヒゲの長さやローソク足の形など、解釈にはあまり神経質になる必要はありませんが、「高確率な反転ポイント」であると言えます。

下落トレンド中に出たPin Barなら、最初は売りの勢力が強くて大きな陰線をつけますが、すぐに買いの勢力が巻き返しをはかって、長いヒゲをつけるにいたったわけです。

この形を作るには短い時間足での攻防があり、それは、相場が反転するサインになります。少々工夫が必要ですが、これだけを利用してもFXトレードは可能です。


Pin Bar FX手法 概要

手法名 期待値が高いデイトレFX手法
開発者  Florida-Trader さん
勝てる? 勝てる
取引スタイル デイトレード
時間足 15分足
通貨ペア ユーロ円、ポンド円
分析手法 ローソク足、高値安値
その他選択項目 ハイレバレッジ、逆張り
取引市場 東京市場、欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 1時間
FX業者 OANDA JAPAN 月間取引頻度 10回
エントリー注文 成行 決済注文 指値、逆指値
勝率 60% 損益レシオ R=1.5
平均利益 +20pips 平均損失 -15pips

値動きの大きい通貨ペアを選択

uehige

このFX手法には工夫が必要だと言いましたが、付け加えるのは直近のレジスタンス、または直近のサポートだけです。

Pin Barだけで、エントリーしてはダマシが多くなりますが、そこにレジ・サポを加えることで、無謀な取引が減って勝率が向上します。

出来るだけ値動きの大きい通貨を選択した方が良いので、米ドル円などのつまらない通貨は除き、「ポンド円」「ユーロ円」などでFX取引する事をお勧めします。


以下が取引手順と注意ポイントになります。

  • ・使用するのは15分足チャート
  • ・まず、目立つ高値や安値に水平線を引く
  • ・Pin Bar確定後、次の始値で成行エントリー
  • ・高値や安値は2回目に試したポイントだけ。3回目、4回目はエントリーを見送る
  • ・ダブルボトムでの底。ダブルトップでの天井が最も勝ちやすいパターン

というルールです。Pin Barの形は人それぞれ解釈が違いますので、そこは検証によって「形の確立」をしていただければと思います。

私の場合、注視するのは上ヒゲと下ヒゲの長さの比較です。例えば、買いポジションを持つ場合であれば、下ヒゲが上ヒゲよりも圧倒的に長い時に上昇の圧力を感じます。

このような時にエントリーすることで、随分とダマシを減らしてくれます。高値・安値での3回目、4回目を見送るというルールはしっかりと守るようにしてください。

※ポンド円15分足 エントリーイメージ

entry

決済ポイントについての解説

songiri

決済のポイントについてですが、まずはロスカットからご説明します。

ロスカットは、直近の高値や安値に設定します。これは、Pin Barをつけたローソク足の高値や安値ブレイクということです。ヒゲが長ければ長いほど、リスクが高い取引になってしまいますが、そこはこのFX手法の弱点です。あまりにもヒゲが長いようであれば、ロット数を調整するなど対策をしてください。


次にリミットについてです。

リミットも安値や高値を意識します。これは、チャートの形によって数値がバラバラになります。最も分かりやすい例ですと、ダブルボトムの場合はネックラインがリミットになります。前日の高値や安値でPin Barが出た場合は、もう少し大きな利益を狙うことになります。


※ポンド円15分足 決済イメージ

kessai

トレンドラインにも使える!

samazama

今回は、直近の高値や安値(水平線)でのトレードルールを解説してきましたが、様々な形で応用する事が可能です。例えば、トレンドラインタッチでのエントリーにも使うことができます。

トレンドライン単体でも、反応しやすいポイントですので、それにPin Barを加える事で期待値が上がります。

大きな利益を狙えるわけではありませし、チャンスも少ないので地味なFX手法ですが、是非検証をしていただければと思います。

1分足などのスキャルピングでは実験したことがありませんので、将来的にはそのFX手法の検証を進めていきます。


この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

25回




関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

805

ページトップへ