791

現在791手法公開中!

FX手法

パーフェクトオーダー+αで安定トレード

2016.07.16 | 
 

179回

パーフ...

「パーフェクトオーダー」は大きな優位性はない、とかエントリーやエグジットのポイントが分かりづらいと言う事を聞いた事がありますが、MAの設定や、考え方次第で、安定した良いFX手法になります。
今回初心者でも分かりやすく、エントリー、エグジットも明確で、勝率、リスクリワードも良いFX手法をご紹介します。
説明用のトレード画像はポンド円1時間足チャートで、出来上がったチャートを使用した後付け講釈ではなく、無作為に選んだチャートを「F12」を押してロウソク一本ずつ表示させながら検証した、リアル検証となります。
上昇もあればレンジや指標もあり、下降の場面もあります。結果は12戦して10勝1敗1分け」となりました。

パーフェクトオーダーFX手法の概要

手法名 パーフェクトーダーで安定FXトレード
開発者 南海のハブさん
勝てる? 勝てる
取引スタイル デイトレード、スイングトレード
時間足 15分足、1時間足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロ米ドル、ポンド米ドル、NZドル円、豪ドル米ドル、NZドル米ドル、ユーロ豪ドル、ユーロポンド、カナダドル円、スイスフラン円、南アランド円、ユーロフラン
分析手法 ローソク足、移動平均線
その他選択項目 逆張り
取引市場 東京市場、欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 半日~2日
FX業者 FXTF 月間取引頻度 10回
エントリー注文 成行 決済注文 成行
勝率 70% 損益レシオ R=1.5
平均利益 50~100pips 平均損失 -30~-50pips

パーフェクトオーダーを使った、エントリー&決済方法

エントリールール
1時間足に「EMA10.20.40.80.320」を表示(15分でも可)
●1時間足(15分足でも可)MA20、40、80の3本がパーフェクトオーダーでエントリーの準備。
※今回パーフェクトオーダーで矢印が出て、帯が表示されるインジケーターを使用。モチロン目視でも可。
●パーフェクトオーダーで直ぐにエントリーではなく、10MAか20MAにレートが落ちてくるか、横ばいで接触し、反発するか(グランビル3番)、レートが一度潜り、再度MAの上に頭を出したらエントリ-(グランビル2番)。
決済ルール
●利確・・・10EMA割れ
●損切り・・・パーフェクトオーダー初期は80EMA(紫)の下。トレンド中は直近安値or直近高値、もしくは20MAの直下。

実際のFX相場での検証チャート

パーフェクトオーダー中ですが、10EMAが潜っている状態なのでローソク足がEMAの上に顔を出しても見送りとなります。

パーフェクトオーダーのエントリー条件が揃っていますが、大陽線、大陰線では入りません。すぐに逆行してしまう可能性が高いです。小さめの陽線でMAの上に乗るのを待つのがよいです。

3回の売買機会があり、2勝1敗になっております。トータルで150pipsの利益です。

手前のポイントは、大陽線、大陰線続きでMAの内側にレートが何度も出入りしておりレートが安定していないので見送りです。次の上昇は押し目がまったくなく、MAに絡んでいないので見送りになります。

指標による急騰の場面です。10MAに接触しており、今回のパーフェクトオーダーのルール適用が可能です。動きが速いので直近高値超え、切り下げライン越えを目安にした方がよいです。

FX相場において「味方」が多い状態を考える

●考え方
・20.40.80のMAが順に並ぶと言う事はレートが秩序ある状態で、1時間を見てる人、2時間を見てる人、4時間を見てる人が味方してくれてる、味方が多い状態と言えますので自信を持って、パーフェクトオーダーでのエントリーができます。
・10EMAについて・・・タートル流トレーディングのリチャード・ドンチャンが採用した決済法方としても知られる、数値です。ボリバン±1σとほぼ同じ動きをしますが、ボリバン±1σより10EMAの方が利大に貢献してくれます。
・1時間チャートで入った場合、半日~2日位のデイトレ~短期スイングとなる場合が多いです。15分チャートで入った場合だと3時間~1日程度のデイトレとなる場合が多いです。

パーフェクトオーダーFX手法の”勝率を上げる”には・・・・

4時間、日足のレジサポを必ず引いてください。
(短期足の水平線は引かない)・画像後半にある、切り下げライン、切り上げライン(白ライン)を引くと確実性が増します。
※このFX手法の更に詳しい情報は、最下部のコメント欄をご覧ください。

■今回のFX手法の投稿者である「南海のハブ」さんのFX手法は下記もお勧めです。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

179回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

  • 17.07.27
    23:31
    この手法利用させていただいております。 k
    南海のハブ様、初めまして。
    この手法について質問がありましてご連絡差し上げました。
    私自身、移動平均線に対しては信頼しているのでこの手法を拝見した時は、
    素晴らしい!と思い早速実践させていただいたのですが、
    かなりの確率で負けてしまっています。
    4時間、日足のMTF分析をしたり、損切りのためのレジサポを引いたりと工夫はしているつもりなのですが、まだ何か足りないのか勝てていません。
    しかし、数ある手法の中でかなりしっくりくる内容なため、諦めるつもりもございません。ここで1つ相談なのですが、
    有償で構いませんので、ご教授お願いいただけないでしょうか?
    もしよろしければ、メールアドレスの方に直接ご連絡ください。
    宜しくお願い致します。
  • 17.04.25
    22:19
    320MAの使い方 もり
    大変参考にある手法を教えていただきありがとうございます。
    320MAの使い方を教えていただけますか?
  • 17.03.08
    01:45
    質問です。 ぴん
    〉デイトレで完結するなら、長期1時間&短期5分などが良いと思います。

    と、他の方への回答にありましたが、このようにエントリーした場合、損切り設定も5分足で行うのですか?
  • 17.02.10
    16:47
    すみません。もう1点質問です。 sih
    本文の4枚目の画像で、
    「押し目がなくMAに絡んでいないので見送り」
    とありますが、こちらの意味を教えていただけませんでしょうか。

    チャートをみると、赤の20EMAで反発しているので、
    ここでエントリーして、紫の80EMAで損切りなのかな?と考えてしまいました。

    ここで見送る理由というのが、理解できませんでしたので、
    大変恐縮ですがご教示くださればありがたいです。
    よろしくお願いします。
    17.02.10 23:27 インジケーターについて 南海のハブ
    使用しているインジケーターは MTP_MA_PerfectOrdernew というインジで5,000円程で購入しました。
    こちらはSMA、EMA、WMAの選択や、帯の有無、線の太さやMA2本~5本までお好みで設定できます。
    PO(パーフェクトオーダー)は5本に設定すると多すぎてチャンスを逃したり、深い押し目や戻りですぐに崩れ迷いの元になりますので、3本までが適当だと思います。



    もう一件の質問の >「押し目がなくMAに絡んでいないので見送り」
    20MA反発でのエントリーは今回のパーフェクトオーダー状態での押し目買いのルールと合致しませんので省いております。

    今回のルールとは関係ありませんが、20MA反発のエントリー位置ですと、
    2本隣の大きな陰線に抱きかかえられてる“はらみ”状態で、隣の陽線もまだ抜いていないですし、綺麗に高値が切り下がり上ヒゲも出ているので、まだ下がる可能性も高くエントリーしづらいかと思います。  ロウソク足2本が毛抜き底になってるのは好材料なので、損切り覚悟で利益を大きく取るつもりでのエントリーなら良いかもしれません。 

    それとチャート上でもそうなっていますが、急騰した場合、急落もよくあります。

    POが成立した場合、MAがデッドクロス、ゴールデンクロスしたという事になりますので一旦逆方向に動く事も多いので、安定したキレイな波を描いてる通貨を選んでのトレードがよいかと思います。
    17.02.11 10:07 早速のコメント感謝いたします。 sih
    パーフェクトオーダーのインジケーターを教えていただきありがとうございます。
    早速導入いたしました。かなり見やすいです!

    >20MA反発でのエントリーは今回のパーフェクトオーダー状態での
    押し目買いのルールと合致しませんので省いております。

    なるほどです。20MAの反発は省いてもよいということですね。
    プライスアクションの形を確認することが肝となるということもよくわかりました。
    丁寧に解説していただき本当にありがとうございます。


    何度も申し訳ありませんが、昨日のチャートで疑問があった点があったので、
    質問をさせてください。

    添付した画像はEUR/JPYの15時間足です。
    過去のコメントにおいて、
    「グランビルの3番より一回20MAに潜ってから頭を出す2番がオススメで、勝率も上がります。」
    という解説がありました。

    この”潜る”という表現は、10MAが20MAに潜るのではなく、
    ローソク足終値が20MAに潜るという解釈でよろしいでしょうか。
    その場合、添付の②の場所でエントリーをして、直近安値ブレイクで損切りで正しいですか?
    また、①のエントリーと利確については問題ございませんでしょうか。

    かなり優位性のある手法だと思いますので、
    更に詳しく解説した冊子などございましたら有料でも購入させていただきたいです。
    投稿者の南海のハブ様、管理人様、どうぞご検討の程よろしくお願いいたします。
    17.02.15 23:36 質問解答 南海のハブ
    早速検証して頂き有難う御座います。  

    >20MAの反発は省いてもよい

    あの時点ではMAがPOではないので、ルール外のため除外、という事になります。
    手法が全く別の物になりますが下降トレンド崩しから押し目で第三波に入るとこなので、フィボナッチを当て、50%や、MA、水平線の重なるとこからエントリーすると取りやすそうな場面ですね。


    >”潜る”という表現は、10MAが20MAに潜るのではなく、ローソク足終値が20MAに潜るという

    その通りです。ロウソク足の事です。10MAが20MAに潜ると言う事は10と20がデッドクロスした、と言う事ですので、下に行く確率が高いので、ロングエントリーはNGです。 10と20のゴールデンクロス、デッドクロスはそれ単体で手法が成り立つ程でして、10と20がクロスする場面というのは、狭いレンジは除き、実はトレンドが崩れた時にクロスする事が殆どとなっています。 10と20がクロスしたら直近高値、安値をよく見て、トレンドの転換を疑って下さい。 



    添付頂いたチャートですが、エントリー、決済の考え方は宜しいかと思います。

    チャートに書き込みましたが、切り下げライン(白)を引いて、それ抜けからのエントリーが確実で良いかと思います。 2本目の切り下げラインはこのやり方に慣れられた頃に、増し玉で買い増しして行くポイントに良いかと思います。

    頂点の黄色の切り下げラインもよく引けていますし、その後のエントリー、損切りポイントなど考え方も良いと思います。 

    ただ誰でもやってしまうのですが、黄色の切り下げラインがややご都合ラインになっていまして、切り下げラインがロウソクを切っています。 ですのでエントリーの陽線が切り下げラインを超えたように見えたのです。
    切り下げ、切り上げライン(トレンドライン)はヒゲとヒゲを結び、なるべくネガティブに引くようにして下さい。 ヒゲがあるのに無理矢理実体で引かない方が良いです。 
    ※水平線はヒゲを切った方が機能する場面もあります。

    私が上から水色ラインで引いてみましたが、丁度エントリーに確定する足が、下降トレンドラインの5点目に当っている場面なので、急下降していった、という訳です。 この場面、高値、安値、高値、安値、と見ていくと、小さいですが明確な下降トレンドを築いています。 どうしてもMAばかり目がいってしまいますが、相場はMAで動く訳じゃなく、高値、安値の価格優先で動いていますので、 頭の中で、今現在の高値、安値、を常に探し意識し続けて下さい。  私も常に 今の高値は、安値は、 と意識しています。

    趣旨がズレ恐縮ですが、水色のチャネルラインですが、 赤数字の ①、③で明確に高値を切り下げたので、その時点で①と③を切り下げラインで結び(されてる通りでOK)、そのラインをctrlを押しながらコピーして同じ角度のまま安値である②に当てておくと④があらかじめ予想出来る、と言う事になります。 ”チャネルの5点目は黙って買え” と格言があるように、⑤から急下降していきましたね。 急上昇の後は節目がないので急下降が当たり前と考えて下さい。


    その後の展開で、丁度私がFXの聖杯と考えてるポイントがあったので蛇足ですが記載しておきました。


    >かなり優位性のある手法だと思いますので、更に詳しく解説した冊子などございましたら有料でも購入させていただきたいです。

    有難う御座います。キレイな波でキチンと流れができてる通貨を選びこういった場面だけでしかトレードしなければ経験が浅い人でも勝ち続けられると思います。 ニーズ頂けるようでしたら検討してみたいと思います。
  • 17.02.10
    11:01
    インジケータについて sih
    大変参考にある手法を教えていただきありがとうございます。
    パーフェクトオーダーで矢印が出て、帯が表示されるインジケーターを使用とありますが、こちらはネット上に落ちているものでしょうか。
    ご教示いただければ幸いです。
  • 16.11.21
    15:56
    ありがとうございます みや
    丁寧な説明ありがとうございますm(_ _)m
    頑張ってみます!
  • 16.11.10
    01:07
    perfectorder+α 南海のハブ
    検証するとわかりますが、大きく抜けたと思ってもヒゲで戻される事があるので
    相場の動きに慣れるまではロウソク足の確定を待ったほうが良いと思います。 

    グランビルの3番より一回20MAに潜ってから頭を出す2番がオススメで、勝率も上がります。
    タッチするだけの3番は、相場に勢いがないと、その後再度20MA
    の内側に潜りにいく事もあるからです。 

    ご参考までに、添付画像の切り下げ(上げ)ライン(黄)を引き、
    G2(グランビル2番)成立と合わせるとより精度がグッと増します。 
    縦の緑点線がグランビル2番のエントリー箇所になりますが、
    殆どが切り上げライン(黄)抜けと同時にG2が発生しているのがわかるでしょうか?
     この場面でエントリーすると勝率7割は軽く超えてくるはずです。  

    そして利確は、本編では10EMA割れ、と言っており大きく取れるのはそちらですが、
    超手堅いのは直近安値到達での利確です。
     リスクリワードは1:0.8くらいになるので少し悪いですが、高い勝率がカバーします。

    この場合ショートなので直近安値(紫線)だとほぼ到達します。
    このチャートはユーロドルの1時間参考、15分足執行で、
    ユーロドルは今あまりボラがないので、直近安値までだと10~20PIPSしか取れませんが、
    かなり手堅く取れるし、エントリー後、指値放置で良いので美味しいやり方ではないでしょうか? 

    4時間参考、1時間で執行でトレードできるなら25~50PIPSは狙える事が多いです。 

    簡単ですが、慣れが必要なので最低100回くらいは色々浮気せず
    このエントリーの訓練をすれば物にできるし、
    この場面だけでトレードすれば相場で勝ち続けていけると思います。 
    それが難しい所でもありますが。 
    なにせルールは簡単でもそれを守ることが殆どの人はできませんので(^^;;

    16.11.15 11:29 ありがとうございます みや
    丁寧な説明ありがとうございます。
    もう一つ質問があるのですが、
    1時間参考、15分執行や4時間参考、1時間執行というのは、
    上位の時間足(4時間、1時間)のトレンド方向を確認してから
    下位の時間足(1時間、15分)で切り下げ(上げ)ラインを引きエントリー。
    という解釈でよろしいでしょうか?
    16.11.20 18:11 perfectorder手法について 南海のハブ
    ご質問についてですが、単一の時間軸でも機能します。
    MAがperfectorderになってる過去チャートで確認してもらうとわかります。  

    ただオススメは、長期足にラインを引いて、そのラインを短期足で抜けるのを待ってのエントリーです。
    短期足でエントリーしても長期足のポイントで勝負してる訳なので利が乗りやすく勝ちやすいからです。

    前に残してあった良い画像がありました。   
    右下の4時間足がperfectorderで戻りを付けており、良い状態です。
    右上が1時間足、左上が30分足、左下が15分足で、
    黄色の切り上げラインは四時間足チャートのみに引いた物です。
    (ラインオートコピーというインジケーターを使っており、
    4時間で引いたラインが1時間以下の足にコピーされるようになっています。ライオンFXやJFXでは自動でコピーされます)
    ※四時間で引いたラインは下位足で見ると少しズレていますので微修正します。 

    そして下位足で四時間のラインを抜けて来るのを待ちます。 

    この例ですと四時間の切り上げラインを抜けるのに各時間足で
    どのように抜けてるか分かりやすいのではないでしょうか?
    四時間足チャートのみではすんなり抜けていますが、
    下位足を見ると、このようにWトップであったり、
    時にはヘッド&ショルダーを作ってから落ちる事が殆どです。

     この場合、左下の15分足がベストの場所でエントリーできますね。
    長期足のラインを抜けると短期足では一度ラインに再度タッチして下がる事がおおいです。
    見づらいですが、この15分足もロウソク足3本くらい、
    抜けたラインに”戻り”を付けてから下落していますね。
      
    4時間足ライン抜けが値幅も取れて良いと思いますが、動き出すまでに
    この場合も2時間半位かかり、しっかり利が乗るまでに5.6時間かかっています。
    動き始めた時刻を見るとやはり15時をまわり、欧州時間に入ってからしっかり落ち始めていますね。 

    4時間足基準のエントリーは保有時間は長くなりがちです。
    デイトレで完結するなら、長期1時間&短期5分などが良いと思います。
    私は長期5分&短期1分で10pips狙いでチョコチョコやる事が多いです。
    そこら辺は各人の生活スタイルで決まってくると思います。  

    簡単そうですが身につけるには何十回、何百回と浮気をしないでの検証が必要です。
    リアルチャートでの検証であれば、5分にラインを引き、
    1分で抜けて順行していくのを確認するのが、勝てる手法だ、と腑に落としこむのには良いと思います。
    勝てる、と自身で信じ込まないとどんな手法でも使いこなせませんから。   
    16.11.20 18:17 gazou 南海のハブ
    gazou
  • 16.09.19
    23:12
    質問です みや
    エントリーについての質問です、
    エントリーはグランビル2番、3番でのエントリーとのことですが、反発、一度潜ってからの突き抜けを確認したらすぐエントリーでokでしょうか?
    それともそのローソク足が確定するまで見てからエントリーした方がいいですか?
    16.11.10 01:19 返信 南海のハブ
    みやさま

    返信は上記になります。 失礼しました。
名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

791

ページトップへ