FX手法

パラボリックの切り替わり3本目でスキャルピング

2014.07.17 | 
 

15回

パラボ...

バーチャル
FX手法を考える事が趣味になっています。暇さえあれば、アイデアを練っています。
しかし、その時間と比例して勝てるFX手法が出来上がるはずはなく。今まで多くの失敗を体験してきました。
検証やバーチャルトレードで、あれだけ勝てたFX手法が、リアル口座で運用すると何故か損益が悪化するんですよね。
それは、検証の段階での甘さがあるのか?リアルの精神的なプレッシャーなのか?分かりませんが、それが投資の1つの難しさなんだろうなと感じているところです。
ということで、検証では上手くいったけど、リアルではてんでダメだったFX手法を紹介します。

パラボリックを使用したFX手法 概要

手法名 1分足パラボリックスキャルピングFX手法
開発者 FX飯 さん
勝てる? 勝てない
取引スタイル スキャルピング
時間足 1分足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、豪ドル円、ユーロ米ドル
分析手法 パラボリック
その他選択項目 逆張り
取引市場 東京市場、欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 10分
FX業者 XM 月間取引頻度 200回以上
エントリー注文 逆指値 決済注文 成行
勝率 40% 損益レシオ R=1
平均利益 6pips 平均損失 -5pips

米ドル円とユーロ米ドル推奨

3tenme
パラボリックを使ったスキャルピングです。
あまりにもルールが単純すぎて、絶対に勝てるはずないよな。と思っていたのが、検証やバーチャルトレードでは勝てました。
その方法は、パラボリックが切り替わった3つ目でエントリーするというものです。
もっと分かりやすく、MT4チャートのインジケーターで説明すると、点が下についたら買い。上についたら売りです。その点を3つ確認するというルールです。
通貨は、USD/JPYとEUR/USDでやっていました。バーチャルで勝ったのはEUR/USDでした。
決済も簡単で、パラボリックの点が変わったら利益が出ていても、損失が出ていても決済をします。
もう一つ決まりごとがあって、できるだけ一定のリズムでFX相場が動いている時にやっていました。上下にボラが激しい時は、1つ1つのポジのリスクが高くなるので休みます。
※ユーロ米ドル1分足 取引イメージeurusdm1

バーチャルトレードの成績を合わせれば利益になっている

jituhayuisei
こちらのサイトでも、シンプルなFX手法を推奨している人は多いですが、私も全く同じ考えで日々投資を行います。
で、半分遊びでアホみたいな簡単なルールを作ってみたわけです。結果報告をしますと、バーチャルでは3か月で1500pipsの勝ち。これは、朝から晩まで張り付いた結果です。
一応FXを専業でやっているので、毎日様々なルールを検証しながら、メインのFX手法の合間に取引しています。ちなみにですが、メインのFX手法は1日で1回~2回しか取引はありません。
それで、バーチャルは絶好調でしたが、肝心のリアルは、3か月で-500pipsの負けでした。続けて6か月やりましたので、じゃあ合計1000pipsの勝ちじゃないか。とも言えます。
バーチャルでやる前に、3か月間分のチャートを検証した時も1000pipsくらいは勝ってましたので、実はこのFX手法は優位性があるのかもしれません。ただ、朝から晩までずっと1分足を追いかけていて、3か月間で-500pipsの負けだと、今後検証する気にはなりません。
以上です。リアルで勝てるか?がFX投資の全てなので、FX手法は「勝てない」で投稿させていただきました。最後まで読んでいただいてありがとうございました。
※海外FX業者で最も重要なのは100%出金できること!
出金拒否なし、安全な「海外FX業者」はこちら↓↓

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

15回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

  • 15.10.09
    14:26
    hmmm 1p
    僕はこれだけでも勝てる自信はあります。もちろんリアルでは別の手法を混ぜますが。
    負けた理由を書いてもらったらモット良かったかもしれません。
名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

776