786

現在786手法公開中!

OANDA Japanで利用可能なテクニカルツール

オアンダのテクニカルツールを語る上で、このチャートは欠かせません。5秒、10秒、30秒の秒速足で、通常ありえないような細かい表示ができるようになっています。
ティックに近い感覚ですが、スキャルピングのような短期売買に有効活用できるツールとなりそうで、オアンダが日本に参入した当初から、大変話題となったものです。


独自オートチャーティスト

オアンダのテクニカルツールで最も話題となっているオートチャーティストという総合的な無料分析ツールがあります。
これは、Autochartist社と提携し、FXTradeのプラットフォームに実装したもので、OANDAテクニカル分析と呼ばれています。16種類のチャートパターン、フィボナッチ、キーレベルをリアルタイムで識別し、取引チャンスを検知し知らせてくれるというツールです。
こういったツールは、実際に使ってみて効果があるのか?という疑問もありますよね。そこで、オートチャーティストでは、各パターンの的中率を全て公開しているのです。勝ちの多いパターン、負けの多いパターン全てが取引する前から表示されているので、安心して使うことができます。
的中率70%を超えるパターンもあり、研究や判断材料のひとつとして役に立ってくれると思います。オートチャーティストは他社でも提供されているのですが、平均予想的中率を条件でフィルタリングする機能をオアンダは開発し導入しています。これは凄いツールですね。FXの研究の為に多いに役立ってくれるツールとなりそうです。


26種類と豊富なテクニカル分析ツール

AO、ADX、ATR、CCI、MACD、Momentum、ROC、RSI、標準偏差、RStochasticRSI、FastStochastic、SlowStochastic、FullStochastic、アルティメットオシレーター、Williams%R
ボリンジャーバンド、パラボリックSAR、STARC、EMAピボットポイント、WMA、一目均コウ表、SMA、


トレンド線

フィボナッチトレンド線、ピボットポイントのトレンド線、スピードライン有名なものは全て揃っていますね。
26種類もあるので、あらゆる角度からの分析にも役立ちそうです。各種ラインも簡単に引きけるような使い易い仕様となっているようです。
主要テクニカル指標はもちろんの事、オアンダ特有のテクニカルツールを使い合わせていくと、オアンダにしかないエッジを効かせた取引ができることになりそうです。


関連記事

ページトップへ