786

現在786手法公開中!

OANDA Japanの入金管理と出金管理

ダイレクト入金(クイック入金)とは、振り込み手数料も無料、24時間入金可、即時反映のサービスで、すぐに取引開始をする事ができる便利な入金サービスです。
現在利用可能なのは、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、郵貯銀行、住信SBIネット銀行の7銀行となっています。
クイック入金が使えるのと、使えないのでは大きな差となってきます。何か突発的な要素で証拠金が必要になった時でも、すぐに対応できますね。ネット銀行をお持ちでない方も、この機会に口座を開設しておくのも良いかもしれませんね。


通常入金について

オアンダは通常入金にも対応しています。通常入金でもダイレクト入金と同じ銀行のオアンダジャパンの口座に振り込みする形となります。
この場合、振込み手数料は顧客負担になります。通常入金の場合は、即時反映ではないので注意が必要です。


当日に出金が可能

出金方法ですが、会員ページにログインし、出金依頼から手続きが可能です。
平日の11時までに出金依頼をすれば、当日の午後3時までには出金されますので、ほぼリアルタイム出金に近い状況となっています。
出金受付は1日1回と限度数が決められています。入金がリアルタイムのFX業者は多いのですが、出金サービスが当日出金にならない所も多いのですが、当日出金できるのは非常に便利ですね。
海外系のFX業者の場合、入出金サービスがルーズなところが多いのですが、オアンダは海外からの参入組であるにも関わらず、非常に高い水準になっています。
入出金への対応が良いという事で、安心して資金を預ける事ができますね。取引ツールが良かったり、スプレッドの点で評価できる業者があったとしても、資金に対する不安要素があれば、取引するのも躊躇してしまいます。
その点、オアンダは入出金サービスという視点から見ても、高く評価されるべきFX業者の一つだという事になります。


資金の管理方法と最低入金額

振込み口座は、FxTradeとMT4口座の2つに分けられていて、2つの口座間の資金は会員ページにログインすることで移動出来ます。
MT4口座の自動売買システムの方に一定資金を入れ、裁量取引ではFxTrade口座を使う事もできます。最低初回入金額は、ベーシックコースが10万円以上、プロコースが20万円以上となっています。
以上が入出金にオアンダの入出金関連に関する概要です。入出金に関しても、他のサービスと同様に高い水準のものを提供しているようです。


関連記事

ページトップへ