786

現在786手法公開中!

OANDA Japanの会社概要@世界的なFX企業

Oanda Corporationはアメリカを本拠地とするFX業者で、日本には2011年に参入した会社です。
それまで国内に存在したMy外貨がオアンダジャパン株式会社へと名称変更し、国内でも活動を開始しました。Oanda Corporationは、1995年にカナダで創業された業者で、世界14位の取引高に入るなど、とても大きなグループです。
シカゴ、ニューヨーク、ボストン、ロンドン、シンガポール、トロント、東京と世界主要7カ国に拠点を構え、日本はその一つということになります。
オアンダジャパンの資本金は4億4900万円で、三井住友銀行との顧客区分管理信託契約により、顧客資産の保全を行っています。


世界初を可能にしたテクノロジー

1995年、世界で始めてインターネットを利用した外国為替レート情報を無料提供開始したのがOANDAです。現在では、そのデータベースへのアクセスが1日100万件以上に達しているようです。
1997年、インターネットを利用したASP方式での法人向け外国為替レート提供サービスも開始し、現在サービスを利用している企業は世界中で75,000件にもなっています。


2人の博士達によって設立された

マイケル・スタム博士(カナダトロント大学のコンピュータ工学教授)とリチャード・オルセン博士(計量経済学の研究開発会社オルセンリミテッド代表)の二人によってOANDAは設立されました。
博士という異色の2人により、テクノロジー&インターネットがマーケットをグローバル化させるという理念の元に設立された企業です。


世界的にも非常に高い評価を受けている

2012年にベストFXブローカー賞、ベストFOREX賞、ベストグローバルFXブローカー賞を英国、シンガポールで受賞しており、世界的にも評価の高い業者となっています。
各賞の他にも、EuroMoney、WorldFinance、TreasuryTodayなどの世界中の組織からの評価も受けています。


様々な革新的サービスを提供し続ける

オアンダジャパンでは、他のFX業者にはないようなサービスが多く見受けられます。
セコンドバイセコンドスワップ、独自オートチャーティスト、5秒足チャート、1通貨からの取引、オープンオーダー&ポジション情報提供、このようなオアンダオリジナルのサービス提供をしています。
OANDAは常に新しいサービスを提供し続け、大きな話題を生んでいる今注目の会社なのです。


関連記事

ページトップへ