798

現在798手法公開中!

FX手法

FXのマルチタイムフレーム分析手法で勝てる

2014.09.23 | 
 

32回

FXのマ...

1つの時間軸だけみてもFXは勝てません。ですから、マルチタイムフレーム分析は重要です。
自分の使い方としては、例えば、4時間足や1時間足などで決めた、移動平均線付近で価格が反発していたとします。そこで、下の時間足を見て分析を行います。
もし下の時間足だけで判断してしまっては確率は低く、どこに価格が動くか謎ですが、上の時間足の状況も材料に加えるならばトレードの確率はアップします。
なぜなら上の時間足で、移動平均線が味方についているからです。今回、私が紹介させていただくFX手法はこのルールに基づいています。

マルチタイムフレームFX手法の概要

手法名 FXのマルチタイムフレーム分析
開発者 江尾さん
勝てる? 勝てる
取引スタイル デイトレード
時間足 5分足、1時間足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロ米ドル、ポンド米ドル、NZドル円、豪ドル米ドル、ユーロ豪ドル
分析手法 RSI、ボリンジャーバンド
その他選択項目 順張り
取引市場 欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 12時間
FX業者 DMM.com証券 OANDA JAPAN 月間取引頻度 5回
エントリー注文 成行 決済注文 指値、逆指値
勝率 50% 損益レシオ R=3
平均利益 +30pips 平均損失 -10pips

FXのマルチタイムフレーム分析①:上位足で環境分析を行う

2つのテクニカル分析を使い、上位足の環境分析を行います。
以下を「1時間足」に表示させます。
テクニカル分析パラメーター
ボリンジャーバンド(20)
RSI(14)
買いの条件は、以下2つです。
1.ボリンジャーバンドのミドルバンド付近での反発
2.RSIが50%よりも上に位置している
ボリンジャーバンドのミドルだけでは、ボックス相場に引っかかりますが、RSIも使うことで、ある程度ボックスを避けれるようになります。
※ポンド円1時間足 環境分析

FXのマルチタイムフレーム分析②:下位足でエントリーする

2つの条件をクリアしていたら、次は5分足を見ます。
5分足でエントリーをしますが、そのルールは簡単です。1時間足のミドルで反発した安値から、トレンドラインを引いて、そのラインに触れて陽線が出たら「買い」ます。
ポイントは、1時間足が確定する前でも、明確なトレンドラインがあれば、エントリーしてしまうことです。
例えば、1時間足が確定する15分前に、5分足のトレンドラインに触れた時。この時点では、1時間足が陽線になるか分かりません。
残りの15分で急落して、陰線になる可能性もあります。このような場面では、1時間足の陽線が確定していないので、半信半疑ではありますが、5分足のラインでの反発を信じてエントリーしてしまいます。
損切りは、トレンドラインを明確に抜けたら。利食いは1時間足のチャネルラインです。
※ポンド円5分足 取引イメージ
※1時間足 チャネルライン

このFX手法の取引チャンスは少ない

これは「1時間足のミドルライン付近での反発と「5分足でのトレンドライン形成のみに着眼点を置いた堅牢なFX手法です。
5分足のトレンドラインで反応をしなかった場合は、見送りになりますので、チャンスはあまり訪れません。1通貨ペアだけでは厳しいので、このFXルールを使う場合は、最低でも3通貨ペアは同時に見た方が良いです。
今は昔と違ってスプレッドが狭いので、どのFX業者を使っても複数の通貨で取引可能だと思います。参考にしていただければ嬉しいです。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

32回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

798

ページトップへ