800

現在800手法公開中!

FX手法

マルチタイムフレーム分析@サポート&レジスタンス活用FX手法

2015.08.30 | 
 

29回

マルチ...

FXを始めて数年ですが、当初はろくにデモもせず、5分足でポンド円を触ってました。しかも、御多分にもれず商材に振り回されながらです。
当然「資金を溶かすわ」「商材ジプシーになるわ」で過ごしてきた感じです。
しかし、数年前に出会った商材と提供者のセミナーなどにより、やっと現在、それなりの自分のFX手法になりつつあります。
「10pips/日以上狙い、しかし深追いしない事」「宵越し、又は週またぎポジションは持たない」など過去の失敗も糧にまずはコツコツと稼いでいこうと思います。

FX手法概要

手法名 マルチタイムフレーム・サポレジFX手法
開発者 ジミヘンさん
勝てる? 勝てる
取引スタイル スキャルピング、デイトレード
時間足 5分足、15分足、1時間足、4時間足、日足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、ポンド円
分析手法 ローソク足、移動平均線、ピボット、高値安値
その他選択項目 ハイレバレッジ、順張り
取引市場 欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 60分
FX業者 XM 月間取引頻度 30回
エントリー注文 成行 決済注文 成行、逆指値
勝率 60% 損益レシオ R=2
平均利益 +40pips 平均損失 -20pips

MAの重なりや節目を意識してエントリー

サポレジの水平線と日足以下のマルチタイムフレームで方向性を見極めてエントリーします。
エントリー方法SMAは20、50、100で設定。
1.まず、以下の順番でチャート観察します。日足 ⇒ 4時間足 ⇒ 1時間足 ⇒ 15分 ⇒ 5分足
2.サポレジの水平線を検討する特に日足、4時間足、1時間足が重要
3.15分、5分足でエントリータイミングを図る押し安値(高値)、戻し安値(高値)を意識し、MAと重なるところや節目を狙う。
NY時間の22時~0時が一番、動く感じがします。

損切りと利益確定について

利確目標は直近安値(高値)狙い。損切りは20pips以内です。場合によっては、つまり逆行の勢いが強いうようなら早めに撤退がベター。
但し、宵越しポジは持たない主義なので数pipsでも就寝前には利確します。
マイナスになっている場合は、FX相場の勢い次第ですが場合によっては逆指値20pipsにします。

NY時間帯をターゲットにする

自分のユーロドルの例ですが、NY時間でのサポレジ転換狙いの勝率が高く、しかも23時~0時までの1時間が結構、動く幅が20時から1時まででは一番大きい傾向です。
なので、このNY時間帯でのエントリーで直近安値(高値)がターゲットとして良いかと思います。
しかし、重要指標が目前の場合は当然、ポジらず様子見します。
エントリー判断のポイントは、サポレジ転換・押し安値(高値)・戻り高値(安値)とサポレジラインです。(画像参照)
水色の四角形の右あたりがサポレジ転換ととれます。これにコマ足・ハラミ線が絡むと強力と判断します。
※海外FX業者で最も重要なのは100%出金できること!
出金拒否なし、安全な「海外FX業者」はこちら↓↓


この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

29回



関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

800

ページトップへ