相場の格言一覧

成功と失敗を分ける相場の相場格言

一瞬の判断によって明暗を分けるのが投資の世界です。ですから、常に危機感を持って投資に臨むことが必要です。

ここで紹介する相場の格言は、「成功と失敗を分ける」相場の格言です。

「木を見て森を見ず」「小利は失敗のもと」などは、代表的なもので、投資で成功するためには必ず覚えておきたい格言です。

投資において危急な判断を迫られることは往々にしてよくあることです。そういった場面においての適切な対応なども以下の格言から学んでいただけると思います。

勝てない状況で、自分の考えに固執してしまっては、成績はなかなか上向きません。投資で成功する為の考えかたというのは、今も昔も変わりありません。

これらの格言が、勝てなかった投資スタイルを「変える」きっかけになれば幸いです。
  • 相場格言で、人は転ぶと、まず石のせいにする。石がなければ坂のせいにする。そして、坂がなければはいていた靴のせいにする。という言葉があります。これは投資を行う上でも、非常に考えさせられる言葉です。大きな損失を出したとして、悪いのは相場でなく自分であるという事を自覚しなければなりません。その反省こそが次の成功に繋がります。
    2014.01.02 | 
  • 有名な諺で、「好きこそ物の上手なれ」という言葉がありますが、本日紹介する相場の格言も同じような意味を持ちます。「これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者は、これを楽しむ者に如かず」とは、孔子の論語という書物に記されてあった言葉です。FXでは連敗を楽しむような感情をいただくことが上達を早めます。
    2013.12.15 | 

件数 2 件  1〜2件目を表示