相場の格言一覧

投資情報の活用法についての相場格言

投資を行っていると、様々な情報が耳に入ってきます。信用性の高い情報もあれば、時にはまったく根拠の無いような情報も投資家の元には集まってきます。

情報を活かすも殺すも投資家次第であり、また投資を行う上で情報は非常に重要なものですが、情報に頼り切ったり、それに踊らされるようでは投資で大成することはできません。

ここでご紹介する相場の格言は、いずれも投資情報の活用法についての格言となります。「早耳の耳倒れ」「人の行く裏に道あり花の山」「材料はあとからついてくる」などよく耳にする格言も揃っています。

インターネットが広く普及したことにより、投資家も情報収集がし易くなりました。また、インターネット上には数多くの投資に関する情報も氾濫しています。

中には価値の高い情報も存在していますが、中にはまったく中身の無い情報も存在しています。情報の大切さを理解するのと同時に、情報だけに頼り切ることの危うさなども格言から学んでいただければと思います。
  • 勝てない投資家は、すぐに自分の間違いを「チャート」のせいにします。しかし、チャートは少しも悪くないのです。また、チャートだけに頼っていては、長く相場に生き残っていくことは出来ません。、ファンダメンタル分析とテクニカル分析、両方に精通しておくことが、安定した投資に繋がる事は言うまでもありません。
    2013.10.25 | 

件数 1 件  1〜1件目を表示