マネックスFXのスワップポイントは?

まずスワップシステムに関して、説明します。FX取引は、金利が異なる2通貨を売買するので、金利差が発生します。この金利差の事をスワップポイントと呼びます。
スワップポイントは、インターバンク為替先物市場を元に設定していますが、金利差以外にも、為替相場の変動に左右されるので、固定されているものではありません。マネックスのスワップポイントは、取引ツールや、HP上で最新、過去のスワップ履歴を確認する事ができるようになっています。

累積スワップポイントの確認方法

マネックスWEBブラウザ取引画面にログイン後、「投資情報」~「スワップ履歴」を表示し、通貨ペアを選択後、付与日を入力して、検索ボタンを押すと、累積スワップポイントが表示されるようになります。

保有ポジションスワップの確認方法

マネックスWEBブラウザ取引画面にログイン後、「建玉照会」~「建玉一覧」を表示します。ポジションを保有している状態で、「総評評価損益」の金額部分をクリックすると、スワップポイントが表示されます。

決済ポジションスワップの確認方法

決済ポジションスワップの確認方法は、WEBブラウザ取引画面にログインし、「取引履歴」~「約定履歴」と進み、「取引区分」~「決済」を選択します。表示される画面から、「決済損益」の欄にある金額をクリックすると、「決済損益詳細」ウィンドウが立ち上がり、スワップ損益が表示されます。  

スワップポイントが発生するタイミング

マネックスのスワップが発生するのは、ニューヨーク時間の午後5時(米国夏時間では、日本時間6時、米国標準時間では日本時間7時)においてポジションを保有していれば、スワップポイントが発生します。
キャッシュとして引き出し可能となるのは、ポジション決済から2営業日後となるようです。決済前のスワップポイントに関しては、未決済スワップ損益となるので、評価証拠金には反映されているのですが、決済するまでは現金残高には反映されないので、注意が必要です。

関連記事