783

現在783手法公開中!

マネックス誕生の驚くべき真実!16か月間で上場した企業!

マネックスの立ち上げに関する、驚くべき話がありました。マネックス証券設立直前まで、代表取締役社長CEOである松本大氏はゴールドマン・サックスで大きな利益を上げていました。
当時、松本氏はインターネットに可能性を感じ、「オンライン証券の提案」をゴールドマン・サックスにしたのですが、会社として全く動いてくれませんでした。
当時のゴールドマン・サックスは数ヵ月後に株式公開をする事が決まっており、松本氏は数ヶ月待てば上場プレミアム報酬として、数十億円を手に入れる事ができる状態でした。
しかし、松本氏はその数ヶ月を待つ事なく退社し、マネックスを設立したのです。莫大なお金、安定した社会的地位を放棄して、マネックスは誕生し、今ではマネックスグループという大きな会社に成長しています。


マネックスCEOの華麗なる職歴

マネックス代表取締役社長CEOである松本大氏は、東京大学法学部を卒業し、キング・オブ・ウォール・ストリートと呼ばれていたソロモン・ブラザーズ・アジア証券を経て、ゴールドマンサックス証券へと入社しました。当時、最年少でゼネラル・パートナーになるという実績を作り、莫大な利益を上げました。
その後、ソニーと共同でマネックス証券株式会社を設立し、16ヶ月で上場という記録を作り上げました。現在は、株式会社カカクコムおよび、株式会社ジェイアイエヌの社外取締役も兼任しています。


MONEYを一歩進めるMONEX

MONEXの考え方は、未来の金融。MONEYとの付き合い方をデザインし、提供するといったコンセプトの元に作られています。
MONEYの「Y」を一文字前にズラしてMONEXという名前になりました。マネックスは過去から見た未来でなく、これからの時代にあった未来金融を作っていこう基本理念を元に設立されています。
マネックスグループの国内活動拠点は、マネックスグループ株式会社、マネックス証券株式会社、トレード・サイエンス株式会社、マネックスベンチャーズ株式会社、マネックス・ハンブレクト株式会社があります。
海外では、欧米にTradeStation Group 、中国にMonexInternationalLimitedがあります。マネックスFXはこの中の、マネックス証券株式会社の中に入ります。
CEOである松本氏の過去の実績からも、会社理念である未来に対する強い想いが感じられる会社ですね。常に未来を想像し、新しいサービスを提供し続けている頼もしい会社です。


関連記事

ページトップへ