791

現在791手法公開中!

FX手法

負けないことを優先した戻り売り、押し目買い手法

2018.05.09 | 
 

28回

負けな...

FXを初めて数年。大きく勝つこともあればその後に連敗し、結局資産が大きく増えることもなく残念なトレード生活が続いてました。
もう予想することも、ベストなエントリーポイントを探すことに疲れてしまいました。
そして結局エントリーを少なくし、単純なところだけをトレードするようになり、結果としてはそちらのほうがよほど安定的に資産が増えることに気づきました。
日中はサラリーマンとして仕事しているため、いつもチャートが見れるわけでもないため、ベストな正解を探すことはやめました。
爆発的に資産が増えるわけではないですが、少なくとも少しずつ増えていっています。なによりも負けない(=資産を減らさない)ことを優先した手法ですので、決してベストな方法でありませんが、メンタルが弱い方や初心者にはおすすめです。
戻り売りの場合で記載しますが、押し目買いでも反対のことを行うだけです。

手法概要

手法名 純押し目買い、戻り売り手法
開発者 トスさん
勝てる? 勝てる
取引スタイル デイトレード
時間足 15分足、1時間足、4時間足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、ユーロ米ドル
分析手法 移動平均線
その他選択項目 順張り
取引市場 欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 30分~数日
FX業者 マネーパートナーズ 月間取引頻度
エントリー注文 成行 決済注文 成行、逆指値
勝率 60% 損益レシオ R=2
平均利益 +20pips 平均損失 -10pips

エントリー詳細

まず4時間足でトレンドが出ていることを確認できる時のみエントリーを検討します。
トレンドの確認は単純に3本のEMAがきれいに並んで下降(上昇)していることで行います。EMAのパラメータは何でもいいのですが、自分は某氏に倣って「5、20、40」で使っています。好きな人は21で使っても問題ありません。
大事なのはここで、トレンドが出ているかといって飛び乗りしないことです。
飛び乗りは危険な行為で、うまくいけば美味しいですが、逆行したときに根拠のある損切りポイントを決められませんし、根拠を求めて直近の高値(安値)に損切りを置いても遠すぎてトータルで負けてしまう結果に繋がりかねません。
トレンドはどこまで続くか分かりませんし、もしわかるなら無限に資産を増やせるでしょう。いくら思う方向に進んでいてもひたすら耐えます。
4時間足で3本ほど戻りを確認できたらようやくエントリーを検討します。この戻りの本数は明確に決まりはありませんが、基本的にはトレンドの波の50%~61.8%まで戻すか(これが理想)、そこまで戻らないようなら3本出るまでは我慢します。
戻りが強くて70%以上戻してしまう場合は見送ります。また、トレンドが強いと3本も待たずに継続してしまうこともよくありますが、そこは見送って我慢します。大事なのは儲けることよりも、負けて資産を減らさないことです。
そして4時間足で戻ったことを確認したら、15分足に切り替えます。15分足にサポートラインを引き、そこをブレイクしたら臨戦態勢になります。そして、さらに価格が3本のEMAの下にあり、5EMAがほかの2本を下抜いた状態になったらエントリーします。
※下記のチャートは15分足

損切りと利益確定

損切りは15分足の直近高値の少し上か、それが遠いようであれば10~15pipsぐらいでとります。利確もポイントなのですが、ここで欲張ると往々にして一回利益が出ても逆行して損切りに達することが多いです。
そのため、利確は10~20pipsで建玉の半分を決済します。利確の幅は自分のメンタルと相場の勢い次第で柔軟に設定しています。残りは逆指値を建値に設定し、あとはひたすら放置します。おおよそ4時間足の前回の推進波ぐらいの値幅までが目安です。
なぜそんな効率の悪そうなことをするかと言うとこれがメンタル的に安定するからです。
そんなにエントリーポイントが多いわけではないので、利益がマイナス~ゼロだと精神的にやられてFXに対する意欲が減衰してしまいます。自信喪失は無駄なエントリーにも繋がりかねませんので精神安定剤の役割を果たしてもらいます。
半分でも利益を取っておけばあとは安心して相場を見ていられますし、10~20pipsでも積み重ねれば馬鹿にできなり利益になっていきます。そして決済しなかった半分はゆったり利確して、勢いがあるようであれば想定以上に幅をとっても問題ありません。
建値に逆指値を入れているのでノーリスクで安心して利益を追うことができます。半分決済した後再び戻りが入ってエントリー条件に合致した場合は、決済した枚数だけ再度発注します。
この時には2つのポジションの真ん中(トータル0)になるポイントに逆指値をいれます。せっかく出ている利益をゼロにしてしまうことも多いので、このエントリーは慎重に行います。

年に数回は大きな利益がとれる

アグレッシブなトレードをされている方からしたら全く使えない方法だと思いますが、私のような豆腐メンタルの人間にはこれぐらいが安定する方法です。
年に数回はかなりの利益を取ることができます。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

28回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

791

ページトップへ