811

現在811手法公開中!

FX手法

トータルではほぼ負ける感情トレード

2020.04.27 | 
 

19回

トータ...

元々、金融関連会社に勤めており、外為には毎日触れていたことからFXに興味を持ち、兼業トレーダーとしてFXデビュー。
「やってはいけない無計画な感情トレード」を何度も繰り返してしまい、軍資金の100万円はあっという間(2か月ほどで)に30万円に。
これからFXを始めようと思っている方、FXを始めてまだ日が浅い方、FXを始めて1年以上勝ててない方、これからご紹介する売買手法を真似しなければ勝率やトータルでの収支が上がります。
共感する部分があれば、そこがあなたのウィークポイントかもしれません。改善の余地ありです。

手法概要

手法名 やってはいけない無計画な感情トレード
開発者 幸之助さん
勝てる? 勝てない
取引スタイル デイトレード、スイングトレード
時間足 5分足、15分足、1時間足、4時間足、日足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、豪ドル円
分析手法 MACD、トレンドライン、水平線
その他選択項目 ナンピン、逆張り
取引市場 オセアニア市場、東京市場、欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 1日
FX業者 ヒロセ通商 月間取引頻度 20回
エントリー注文 成行 決済注文 成行、逆指値
勝率 60% 損益レシオ R=0.3
平均利益 +20pips 平均損失 -60pips

エントリー詳細

①値ごろ感によるエントリー
ドル円が110円から105円へと短期間で円高になった時に、「少し前までは110円だったから107円くらいまでは戻るだろう」と安易に考えて105円でロングエントリー。その後、円高は加速し、100円を割り込んだところでやっとロスカット。
②理論に基づいたエントリー
FRBが利下げを行った。米国金利低下→米ドル売り日本円買いが起こるだろう→円高ドル安になると思い、ドル円をショートエントリー。想定とは逆に円安方向へ動いてしまい、3円ほど円安になったところでロスカット。
③コバンザメエントリー
SNSで有名なFXトレーダーのポジションと同じ方向のポジションでエントリー。ロスカットが同じタイミングでできず、せめて同値撤退を、と考えていたが損失が拡大してしまいロスカット。
④自分の引いたトレンドラインで反発すると思い込むエントリー
5分足や15分足チャートで右肩上がりや右肩下がりのトレンドラインを引き、そこで反転するかのようにチャートの右側を予想する。たまに上手くいくこともあるが、想定外に抜けてきた時にはすぐにロスカットできず、損失が大きくなったところでロスカット。
⑤倍プッシュエントリー
負けた金額を取り戻そうと思い、従来の2倍3倍のロットでエントリー。さらに損失を拡大させることになる。

損切りと利益確定

①徹底的な「損大利小」での決済。
スマホ画面やPC画面を見ていて、ポジションが「利益」になっている時はすぐに決済したくなり20pipsも取らずに決済。
その一方で、ポジションが「損失」になっている時は「せめて同値撤退、できれば少しプラスで終わりたい」という気持ちが強くなり-20pips程度ではロスカットせず、-50pips、-100pipsあたりまできて含み損に耐え切れずようやくロスカット。
②保有期間での決済
エントリー当初は5分足チャートを見て判断、短時間で利益方向に動いた場合はすぐに利食い。損失方向へ動いた場合はすぐにロスカットをせず、15分足チャートや1時間足チャートを確認して今のポジションを決済しない言い訳を自分の中で考える。
保有期間を特に定めず、利益がでたら短時間で利食い、損失が出たらスイングトレードに変更する。これを繰り返すことで大きく負けることができる。

まとめ

FXに関する書籍やブログ、サイトに目を通せば「ロスカットの重要性」が必ず書かれています。
「ロスカットの重要性」は頭で理解することができても、実際に行動に移すことがかなり難しいです。
まずはマイルールをしっかりと作成し(作成している方はもう一度見直し)、そのマイルールを必ず遂行するという鋼の意志を持ってください。
今回ご紹介したエントリーをしないだけでもトータルの収支は改善されるはずです。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

19回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

811

ページトップへ