FX手法

移動平均線5,21,75を使用したトレンドフォローFX手法

2016.11.08 | 
 

25回

移動平...

FXを初めて1年ちょっとです。本やネットで分析方法やFX手法を調べました。
いろいろ調べて行くうち、気がつけば、チャートにボリンジャーバンド、ピボット、移動平均線などなどたくさんのラインが増え、チャートが見にくくなり、どこを見てエントリーしたらいいのかわからなくなるという悪循環。
勝っている人のFX手法を見ると意外とシンプルそう。そこで、シンプルにローソク足と移動平均線(5、21,75)を利用したFX手法を考えました。

FX手法概要

手法名 ローソク足と移動平均線のFX手法
開発者 まるさん
勝てる? 勝てない
取引スタイル デイトレード
時間足 15分足、1時間足、4時間足
通貨ペア 米ドル円、豪ドル円、ユーロ米ドル、豪ドル米ドル
分析手法 ローソク足、移動平均線
その他選択項目
取引市場 東京市場、欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 2時間
FX業者 GMOクリック証券 月間取引頻度 20回
エントリー注文 指値 決済注文 指値、逆指値
勝率 40% 損益レシオ R=0.7
平均利益 +15pips 平均損失 -20pips

エントリー詳細

移動平均線「5,21,75」の方向をチェック。
・すべて上向きなら買いでエントリー。
・すべて下向きなら売りでエントリー。
・移動平均線「5」よりローソク足が上なら買いでエントリー。
・移動平均線「5」よりローソク足が上なら売りでエントリー。
・移動平均線「75」にローソク足がタッチしたら、移動平均線の向いている方向にエントリー。

損切りと利益確定

損切りは直近の安値かタッチした移動平均線の「5pips」下くらい。
利益確定は直近高値もしくはその日の高値より低め。様子を見ながら利益確定は手動で変更。

エントリーのタイミングが難しい

やってはみたもののエントリーのタイミングが難しいことがわかりました。レンジなのにもかかわらず早くエントリーしたり、トレンド終了しているにもかかわらずエントリーしていたりで大体損切りされてしまっていました。
FX手法自体はそんなに悪くはないと思うので、もう少しローソク足と移動平均線の関係性を分析したりこれらを補足する分析方法を追加したり無駄なエントリーを減らした形にしたいと思います。
また、利益確定のタイミングもいつも早くて利益が伸びないので、ボリンジャーバンドやピボットを使ったり、明確なイグジットポイントを探したり、通貨の勢いがあるタイミングでのエントリーができれば、利益も伸びると思うので、そのあたりも分析していきたいと思います。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

25回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

781