798

現在798手法公開中!

FX手法

根拠のないエントリーを繰り返して敗北。損切りの大切さを思い知った。

2015.09.14 | 
 

16回

根拠の...

職場でチラホラとFXをやってる人がいたり、テレビの深夜番組でFXと株のひとコーナーを見たりして興味が段々と強くなりました。
ある時、自分で持っていた「長期外貨預金」を円安になった為に決済して、次はどうしょうかと考えていたときに為替に関係するものに投資をしたいが外貨預金では手数料が高いので、手数料が安くて手軽に始められるFXを選択しました。
初めは怖いイメージがありましたが、損するのは基本的に入金した金額だけという事もあり、次第に恐い感覚が薄れ大胆になっていく自分を、今の自分は戒めたいと思っています。
結局2年弱で100万ちょいの損をしてしまいましたが、損する過程で気をつけるという事より損を取り返したい気持ちの大胆さは消えることなく、損切りもまた戻ってくるだろうと思いしなかったりと、気がついたらロストカットだったりと口座管理も不十分だった事は今思えば猛反省です。
流石に今は頭も冷え、確率の高いエントリー方法を模索しながら、手法を確立するまでは最小の注文枚数で行いつつ、損切りは必ずセットし無駄なナンピンを防ぐために口座資金は少なくし、強制的に出来ないようにしています。いつしか利益が上回ってくれればと思っています。

手法概要

手法名 安易なエントリー
開発者 高橋さん
勝てる? 勝てない
取引スタイル スキャルピング、デイトレード、スイングトレード
時間足 5分足、15分足、1時間足、4時間足
通貨ペア 米ドル円、豪ドル円
分析手法 ローソク足、ボリンジャーバンド、フィボナッチ
その他選択項目 指標トレード、窓、逆張り
取引市場 東京市場、欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 8時間
FX業者 ヒロセ通商 月間取引頻度 100回
エントリー注文 成行、指値 決済注文 成行、指値
勝率 30% 損益レシオ R=0.2
平均利益 +10pips 平均損失 -50pips

ほとんど損切りは設定していなかった

東京、ロンドンとずうっと下がっていたので、ニューヨークでは戻るだろうと思い込みの逆張り。
「昨日は終日下げていたので、今日は上がるだろう。」という根拠のない逆張りエントリー。騙しの動きに見事に騙されエントリー。
どうしても、ちょこちょこスマホで状況を見てしまうのでその時に利が乗っていればそこで決済、なので後々見るともう少し我慢すればと後悔。
損切りは大きな髭にやられる事の印象が強かったので、どうせ大きく下げてもまた戻ってくるならば「損切りの指値は要らないだろう」と思い込み殆んど設定なし。

ナンピンで助かった記憶が邪魔をする

こんないい加減な方法でも、いっとき勝てる時期があるので勘違いをしてしまいました。
ナンピンをして助かった経験があれば、その事がずっと忘れずに心に残っているからほぼナンピン分全て損をする、
大きく下がっても、その後は戻ってきてあそこに損切りの指値をしなければ良かったと無意味な後悔したりと、不利だけど助かった印象だけが頭に残ってしまうのは不思議で損切り設定の大切さを痛感しました。
また休む相場も勉強しました。いくら時間があってもトレード回数を増やしても負けがこんでくるのは当たり前で実感しました。
又、トレード中にカッとなり注文枚数を無駄に増やしたりと後に後悔する事ばかりしたり、含み損なので1週間でも待ってみようとしても週中に決済した後に値が戻ってきたりと待つことも出来ずメンタルの弱さもわかったのでメンタルも鍛えなければと思うし。
やることは多いですが、今までは負けの典型をやっていたので、もう一度だけ仕切り直しでトレードルールを決めてやって行きたいと思っています。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

16回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

798

ページトップへ