800

現在800手法公開中!

FX手法

経済指標指標逆張りFXトレード@高確率で戻すポイント

2015.08.10 | 
 

13回

経済指...

ほとんど無知な状態で始めたFX。動画を検索して勝てるFX手法を勉強する日々。
そんな時に出会ったのが、ボリンジャーバンドとRSIを使用した必勝トレードFX手法でした。何度実践しても結果は散々なものでした。
きっとFXに必勝法なんてないんだ。私は騙されんだ!っと思いながらも片手間でできるFXをあきらめきれずに、独自のFX手法を編み出そうとした結果、調子の良い時はたくさん勝てるようになりました。
その名も「経済指標逆張りFXトレード」 ではご紹介していきたいと思います。

経済指標FX手法概要

手法名 経済指標逆張りFXトレード
開発者 NKさん
勝てる? 勝てる
取引スタイル デイトレード
時間足 5分足、15分足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、ユーロ米ドル
分析手法
その他選択項目 指標トレード
取引市場 NY市場 ポジション保有時間 2時間
FX業者 DMM.com証券 月間取引頻度 20回
エントリー注文 指値、逆指値 決済注文 指値、逆指値
勝率 50% 損益レシオ R=2
平均利益 +40pips 平均損失 -20pips

指標発表後5分~15分待つ

1.経済指標の発表を待ち大きく値が動くのを待つ
2.一瞬にして買いか売りに値が動くので5分足か15分足で終値がつくのを待つ
3.次以降の足で値動きの幅が小さくなるのを待つ
4.値動きが小さくなったところで逆張りエントリー
※エントリーイメージ

利益確定と損切りの設定

『損切り』
経済指標発表前の終値から10pips~30pipsを目安に注文と同時に逆指値を入れておく
『利益確定』
下がった分だけ、上がった分だけ戻るのを狙う手法ですので、基本的には経済指標発表前の終値に指値を入れます。状況に応じて手動決済する時もあります。

チャンスは前回の発表値と変わらない時

このFX手法は経済指標発表後ということでリスクも高いです。逆指値を入れていても滑って損切りが大きくなることもあります。
必ず注文と同時に逆指値を入れておくこととしています。経済指標の狙い目は、前回の発表値とほぼ変わらないのに大きく値動きした時です。
(例)新規失業申請件数  前回比と変わらず
このようなケースでは、結構な確率で値が戻ってきます。FX検証ノートを使用して更に細部までFXの検証を行いたいと思います。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

13回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

800

ページトップへ