797

現在797手法公開中!

FX手法

長年の投資経験で勝てなかったFX手法を紹介します

2014.08.13 | 
 

22回

長年の...

結構真面目にFXの検証はやっていて、(もうFX検証が趣味になっています。)テクニカル分析は1周しました。ここが、難しいところでテクニカル分析に固執しすぎても、勝てると決まっているわけではないのです。
記事執筆にあたり、私が試してきた分析方法を何個か紹介します。ただし、紹介するFX手法は現在は使っていません。
つまり、一時的には勝つのだけど、総合的な損益ではマイナスになってしまった、またはプラスマイナスゼロで終わってしまったということです。

FX手法概要

手法名 勝てなかった3つのFX手法
開発者 saepon さん
勝てる? 勝てない
取引スタイル スキャルピング、デイトレード
時間足 5分足、15分足
通貨ペア 米ドル円、豪ドル円
分析手法 移動平均線、ボリンジャーバンド、フィボナッチ
その他選択項目 逆張り、順張り
取引市場 東京市場、欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 5時間
FX業者 みんなのFX 月間取引頻度 50回
エントリー注文 成行、指値 決済注文 成行、指値、逆指値
勝率 50% 損益レシオ R=0.8
平均利益 +8pips 平均損失 -10pips

1.移動平均線のゴールデンクロス

まずは、誰もが通る道かもしれませが、移動平均線のゴールデンクロスとデッドクロスです。数値は、10MAと50MAを使用していました。
これは、素人でもわかりやすい方法であり、2つのラインのクロスを待ちます。昨年のアベノミクスにおける買い場だと、クロスで買っても儲かりますが、今年のような小幅な動きだと、全然勝てなくなります。
後は、決済のタイミングが難しいという問題にも直面しました。必ず裁量を挟む必要があり、経験が豊富でないとまず勝てないと思います。

2.ボリンジャーバンド±3σでの逆張り

これも、誰もが知っているルールの1つ。(すいません。基礎的なものばかりで。)巷で95%以内に収まるといわれている、2σよりもさらに-1σ落として、±3σで逆張りしたら、ほとんど勝てるんじゃないの?って確率を勉強した人なら誰でもわかります。
しかし、この確率の信憑性がイマイチ信用ならんです。明らかに、2σで95%以内に収まっている実感はありませんし、3σさえも頻繁に価格はブレイクします。そして、ブレイクした時は大損するときです。
ゴールデンクロスのFX手法とは逆で、今年のようなもみ合いで生きるFX手法ですが、これも利益は残りませんでした。

3.フィボナッチを用いたトレード

3つ目は、フィボナッチです。これも、FXをやったことがある人であれば、いずれかたどり着くテクニカルです。
手順としては、15分足で前日安値&高値にフィボナッチラインを引き、
38.2%、50.0%、61.8%の3つに価格がきたらスキャルピングをします。サッと3pips程いただいたら、終了というものでした。
3つのなかでは、これが一番うまくいきました。出来るだけ、揉み合いになっているところは避けて、典型的なN字を念頭に置いて取引したのが良かったようです。
これは、負けたというよりもプラスマイナスゼロくらいでした。因みにストップの設定値は、-8pipsです。利益設定や損失のマイナス設定を変更すれば、通用する手法なのかもしれません。

このFX手法のまとめ

検証が趣味なので、勝てなかったFX手法を出せと言われれば、10個も20個も、簡単に出てきます。ここ数年間書き続けている、FX投資ノートにびっしりです。
自分で言うのは変ですが、几帳面な性格の為、今まで検証したFX手法は全て記録しています。完全に自分用でしたが、こうやって披露する機会をいただき感謝しております。
また、素晴らしい機能を搭載した、FX検証ノートをご提供いただけるとのことで、本当にありがとうございます。手書きで売買記録をつけていた時代があり、(損益のグラフも手書きしていました。)このようなツールを探していました。
エクセルは初心者ですが、これを機会に勉強したいと思います。それでは、またFX手法を投稿させていただきます。私の場合は、「勝てなかったFX手法」になってしまいますが、何かの参考にしていただければ幸いです。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

22回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

797

ページトップへ