783

現在783手法公開中!

インヴァスト証券の口座開設について(個人、法人、方法等)

インヴァスト証券では、個人口座と法人口座の開設ができるようになっています。

個人口座の開設方法

インヴァスト証券の個人口座を開設しますとFX24、トライオート、シストレ24の三つが同時に利用できる口座開設となっています。
したがって1回の口座開設により投資戦略にあわせて裁量取引でもシストレでも半自動取引でも自在にプラットフォームを利用できるようになるので、今までシストレなどを利用したことが無い人もこの機会に試しに利用してみる等、利便性が他の会社で口座開設するよりも高いと言えます。
口座開設は簡単で、オンライン上から必要情報を入力し、本人確認書類を送付すれば完了で、あとは審査を待つことになります。
審査にパスした場合には一両日中にIDとパスワードが送られてきますので、証拠金を入金すればすぐに取引を開始することが可能となります。また、くりっく365については別個に申込を行って口座開設することとなります。
プロセスとしてはほかの口座と同じですので、必要情報を入力後本人確認書類を送付すれば数日のうちにIDとパスワードが送られてきてスタート可能です。

法人口座の開設方法

法人口座もネット上での申し込みが可能ですが、法人の登記簿謄本の写しについては原本が必要となります。また競合他社の条件と同様で、代表者の本人確認書類、担当者の本人確認書類、さらに資本の25%以上を有する実質的な支配者がいる場合にはその法人なり個人なりの確認書類も必要となります。
法人の場合も一般の口座とくりっく365は別個の申込となります。それ以外の条件としては国内に法人の登録があることと、総資産額が50万円以上あることとなっています。
この総資産額の下限は他社に比べるとかなり低いものとなっていますので、法人登録はこのスペックを見る限り、結構ハードルが低そうな状況となっています。ただし、ハードルが低いといっても、個人口座よりもリスクが高い取引が可能になるため注意が必要です。
法人企業の登録については国内の金融庁からもかなり厳しい条件提示を求められていますので、特定の業者だけが口座開設をしやすくするということはありませんが、資本金額や総資産額については各社の判断となっているようですので、やはり多少条件に差があることは間違いないようです。
1回の口座開設で複数のプラットフォームの利用が開放されるというのはかなり便利であり、使用の用途もかなり広がることが予想されます。
そういった意味ではインヴァスト証券での取引開始はかなりお得なものとなりそうです。また、証拠金も一元管理して必要なプラットフォームで利用することができるので、こちらもかなり便利な仕組みであるといえます。
くりっく365も簡単に登録ができますので、必要に応じて申込をすれば両方利用することも可能になります。

関連記事

ページトップへ