FX手法

移動平均線50MAでトレンドを確認して、15分足RSIでエントリー

2014.05.15 | 
 

39回

移動平...

私は数年前から自分の収入を増やすためにFXの投資を始めました。FXの投資というと一度に大きな利益を出せるというイメージがありますが、私は副収入として月に10万円程度稼げればいいと考えていました。
そのため私は、それほど大きな利益というよりも「無難な利益を残すことができる」取引の仕方を身につけたいと思っていました。
そこで、主に欧州市場とNY市場で取引をしていて、難しいことはせずに「移動平均線」と「RSI」のチャートを利用したテクニカル分析を用いて取引をしています。
そしてこの二つのチャートで、両方のサインが一致した時だけエントリーをしています。
そのために、取引回数は「週に1回~4回程」しかありませんが、比較的精度が高い予想をすることができていて、5回中3回は利益を出すことができています。

50MA+RSI:手法概要

手法名 50MAの方向に逆らわず、RSIで反発・反落を確認!
開発者 madoka さん
勝てる? 勝てる
取引スタイル デイトレード
時間足 15分足、1時間足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円
分析手法 RSI、移動平均線
その他選択項目 順張り
取引市場 欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 4時間
FX業者 外為ジャパン 月間取引頻度 10回
エントリー注文 成行 決済注文 成行
勝率 60% 損益レシオ R=1.5
平均利益 +35pips 平均損失 -20pips

1時間足の移動平均線を確認して15分足でエントリー

詳しい方法として、
・まず1時間足の「単純移動平均線50」でトレンドの方向をみます。この50の下にある時は売り。上にある時は買い。と強制的に決めてしまいます。
・そして、次に15分足の確認です。15分足を使ってエントリーを決めます。テクニカル分析は、やはり「単純移動平均線50」その他に「RSI」をみます。RSIのパラメータは、多くの人が使っている短期の9です。
・RSIが買いポジションを持つ場合は30%。売りポジションを持つ場合は70%までの動きを確認します。
・そして、ローソク足が移動平均線の50を上抜けたら買い。下抜けたら売り。という手順で新規ポジションを保有することになります。
ポイントとしては、移動平均線50のブレイクは、上でも下でも中途半端ではなく、はっきりとしたブレイクの必要があるということです。ヒゲでタッチした場合などは、新規ポジションを持つ事はしません。
※1時間足で50MAの方向を確認して
※15分足のRSIと50MAの位置関係を確認してエントリー

損小利大のトレードが実行できている

続いて、私が行っている決済の方法です。
FXの投資で儲ける為の鉄則として利益はできるだけ大きく、損はできるだけ小さくという「損小利大」があります。
私はこれを実践するため、利益は50pipを取ることを目標にして、20pip以上の損が出たら損切りをするようにしています。利益を出すことができた取引で、すべて50pipを取ることはできませんが、平均で35pipの利益を出せています。
※決済イメージ
「損小利大」を実践することができているので、毎月決して多くはないのですが安定した利益を出すことができています。
勝率が60%でも相場が悪ければ、何連敗もしてしまいます。その時に、信じてやり続ける「我慢力」がFXで勝つ為には必要だと思っています。

管理人の感想

madokaさんが仰るように、連敗しても自分を信じてトレードする「我慢力」がFXを攻略する為には大切だと思います。
FXは長い事やってると「この手法はトータルでは勝てそうだな」と何となく、ぼんやりとイメージできるようになります。しかし、その手法をある程度の期間続ける事が出来なければ・・利益は残りません。
ご紹介いただきありがとうございました。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

39回





関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

755