800

現在800手法公開中!

著者TOMOZOの手法

一目均衡表FX手法@雲での正しい売買方法!

2014.05.09 | 
 

101回

一目均...

ichimokujyuyoushi8

一目均衡表とは、一目山人(ペンネーム)が1969年から1981年までの間に7冊の書に残し、作り上げたテクニカル分析です。元々株式投資で使われていたものですが、FXでも使われており、日本では勿論のこと、海外でも多くのファンがいる事で知られています。

一目均衡表で最も重要視されているのは「時間論」であり、相場が変化する日柄(変化日)を予測するための基本数値を設けています。

ただ、この「時間論」は非常に難解であり、今まで多くの投資家のFX手法を聞いてきましたが、「時間論」を使いこなし、メインにしている人を見たことはありません。

難しいからこそ、「時間論」を極めた時には優秀なFXトレーダーになれるのかもしれません。そう思って、何度もモノにしようと挑戦してきましたが、現在まで有効なFX手法は編み出せていません。

その挑戦はこれからもずっと続けていきたいと思っています。もしも、「時間論」を軸にしたFX手法が出来上がったら、このブログで紹介します。

さて、今日のところは一先ず「時間論」は置いといて、一目均衡表の雲を使った極めてシンプルなFX手法を紹介していきます。


一目均衡表FX手法の概要

手法名 FXの一目均衡表で雲の押し目狙いはローソク足1本だけ!
開発者 TOMOZO
勝てる? 勝てる
取引スタイル デイトレード、スイングトレード、長期保有
時間足 15分足、1時間足、4時間足、日足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロ米ドル、ポンド米ドル、ユーロ豪ドル
分析手法 一目均衡表
その他選択項目 低レバレッジ、順張り
取引市場 東京市場、欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 デイトレ10時間
FX業者 GMOクリック証券 月間取引頻度 5回
エントリー注文 指値 決済注文 指値、逆指値
勝率 50% 損益レシオ R=3
平均利益 +50pips 平均損失 -15pips

一目均衡表の雲を使ったFX手法

雲以外のラインは全て削除

雲とは、一目均衡表で【先行スパン1】【先行スパン2】として示される指標の間に構成されます。数値の説明をすると長くなりますので、MT4チャートで雲を表示してみます。

MT4チャートに一目均衡表を組み込むと、デフォルトで複数のラインが表示されます。ただし、このFX手法で使用するのは、雲だけですので、他のライン(基準線、転換線、遅行線)は全て削除します。

以下のように、ロウソク足と雲だけの表示チャートになりました。この環境でエントリーと決済の判断をしていきます。


一目均衡表FX手法のエントリー方法

エントリーチャンスはローソク足

それでは、ここから具体的なエントリー方法について解説していきます。

使うローソク足は【15分足】~【日足】まで、どの足でも使えますが、特に【1時間足】と【日足】が有効です。

以下がエントリールールです。(買いの場合)

№1.直近高値をローソク足終値で抜けているか?確認する(ダウ理論)

№2.雲をローソク足終値で抜けているか?確認する

№3.雲の上限に「買い指値注文」

エントリーを狙うのは、一目均衡表の雲のブレイクを確認した後のローソク足1本だけです。

つまり、1時間足であれば「雲の上限」に指値注文をするのは1時間だけということになります。

1時間経過したら、指値注文を取消します。

雲手法エントリー

エントリー回避ルール

勝率が低い場面でエントリーしない

エントリーを回避するルールとして2つを設けています。

1.雲をブレイクしても、近くにサポートやレジスタンスがあれば、エントリーは見送り

エントリールールの №1に記載していますが、直近高値を終値でブレイクしていない場合は様子見となります。直近の高値や安値は、雲よりも「強いサポート・レジスタンス」であると考えなければいけません。

わざわざ取引成功の確率が低いところでエントリーをする必要はありません。

エントリー回避ルール1
2.雲の間隔が狭い場合は見送り

雲の上限と下限の幅が狭い時は、エントリーを見送ります。雲は「厚ければ厚いほど」意識されやすい 特徴があります。小さい雲のブレイクを狙っても上手くいきません。

エントリー回避ルール2

一目均衡表FX手法の決済ルール

損は小さく利益は大きく
ストップは、ブレイクした陽線の安値に設定します。雲の上限でエントリーするので、ローソク足確定後すぐに成行注文するよりも、有利な位置でポジションが持てます。その分、ストップ幅を少なく出来るのがこのFX手法のメリットです。

思惑通りに上昇した場合、ストップを切り上げてリスクを減少させます。トレールの方法は、以前に紹介したFX手法と同じです。

上昇相場であれば、強い陽線が出現した場合にその都度、陽線の安値にストップを切り上げていきます。強いトレンド相場では、大きな利益を狙い、もみ合い相場になった場合には最低限の利益を確保する方法です。
雲ストップ変更

リミットは、

  • 15分足【+100pips】 1時間足【+200pips】 日足【+500pips】

    このように、取引する時間軸によってリミットの設定値を変更しています。ほとんどのFX取引において、リミットに到達せず・・ストップを切り上げての決済になります。

    それでも、雲をブレイクして相場の勢いが加速する場面もありますので、そういった相場で最大限の利益を確保するための設定数値です。


    一目均衡表FX手法のまとめ

    じっくり雲到達を待つ

    このFX手法は、毎日取引可能なFX手法ではありません。15分足を用いたとしても1週間で一度もエントリーチャンスがない時もあります。

    そもそも「一目均衡表の雲ブレイク」自体が、頻繁に訪れるわけではありません。日足チャートをみて頂ければ分かりますが、強いトレンド相場では2か月間雲にタッチしない相場もあります。

    また、このFX手法は「雲の上限・下限」に時間を限定して指値注文を行いますので、通常の「雲を扱ったFX手法」よりも更に取引回数は少なくなってしまいます。

    ですから、複数の通貨ペア・複数の時間足でチェックするのが必須 です。

    様々な通貨ペアの値動きを確認して「綺麗な形」を選んでエントリーしていくことが損益の安定につながります。

    なかなか・・エントリーチャンスが訪れないかといって、根拠が薄いポイントで入っても損切りを繰り返すだけですので、じっくりと雲への到達を待って、機械的にトレードを行う精神力が必要になります。最期まで読んでいただきありがとうございました。

    管理人の他のFX手法はこちらからご覧ください ⇒ TOMOZOのFX手法


この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

101回




その他の「著者TOMOZOの手法」

ジャッジメント

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

800

ページトップへ