791

現在791手法公開中!

  • HOME
  • FXガイド
  • 香港ドルの特徴@アメリカと中国の影響をそのまま受ける通貨

香港ドルの特徴@アメリカと中国の影響をそのまま受ける通貨

中国領土の一部でもある香港に流通している通貨、それが香港ドルです。
今でこそ中国の領土して世界中が認識していますが、かつてはイギリスが統治し、イギリスの領土として中国の本土とは違う独自の発展を遂げてきました。
 

アメリカの市場に左右されるドル・ベッグ制

香港ドルの大きな特徴は、ドル・ベッグ制というシステムを用いている事です。
これは、香港ドルと米ドルとを連動させるという、ある種の固定相場というわけです。香港ドルを語ろうとする上では、このドル・ベッグ制というのは欠かせません。
そのシステムの性質上、当然ながらアメリカの市場相場が変動すれば、それに伴い香港ドルも変動するという性質を持ちます。
その為、香港ドルを利用するのであれば、当然アメリカの経済状況などの動向も気にしなくてはなりません。為替レートが一定水準でキープされているので、レートの変動は少ないので、安定している通貨と言えます。
香港ドルに手を出した事が無いという場合でも、既に米ドルなどでFX取引をした事があるのであれば、取引の判断などはし易いです。米国の値動きを常に気にする必要はありますが、逆に言うと米国の値動きからその先を予想する事も可能です。
 

中国元との関連性は?

米ドルと非常に深く、密接な繋がりがあると言える香港ドルですが、本土である中国元とも深い関わりを持ちます。中国は現在目覚ましい発展を続けており、そのスピードは目を見張るものがあります。
香港企業も次々と中国本土へ進出しており、中国経済の中で共に発展を続けています。本土である中国と共に成長を遂げようとしている香港は、これからを期待出来る国であり、香港ドルに対する期待値も高まりつつあります。
実際、中国株が上昇した際には香港ドルのトレンドも上昇が見られるようです。これから香港ドルの取引を行おうと思っているのであれば、米国の経済状況は勿論ですが、本土である中国の動向なども注意して見守る事が重要です。

関連記事 こちらもご覧ください

ページトップへ