783

現在783手法公開中!

FX手法

ヒストグラムで相場の波を捉えるFX手法

2017.09.11 | 
 

11回

ヒスト...

FXで利益を残すには余計なノイズに掛からないことと、トレンドの方向性をしっかり把握することが大事です。
30分足以上の大きな時間足チャートでトレンドの方向性を確定しておけば、その方向のみスキャルピングで数pipsを抜くこともできますし、ある程度ホールドしてもトレンドに順張りで対応し常に利益が出せるFXトレードをすることができます。
またMT4のインジケーターのサインに沿ってエントリーする場合に、複数の通貨ペアを選別し分かりやすい局面を選んで入ることも大事ですし、また危険な局面はエントリーサインが出ていたとしても入るべきではないのです。
その辺りの相場環境も判断しながら、チャンスである通貨・波動を選別し分かりやすいインジケーターサインでトレードできるFX手法を以下ご紹介します。

FX手法概要

手法名 ブレイクアウトとトレンド判断をしながらヒストグラムでFX相場の波を捉える
開発者 ノマドタスクさん
勝てる? 勝てる
取引スタイル スキャルピング、デイトレード、スイングトレード
時間足 1分足、5分足、30分足、1時間足、4時間足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロ米ドル、ポンド米ドル
分析手法 移動平均線、ZigZag
その他選択項目 逆張り
取引市場 オセアニア市場、東京市場、欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 5分から2時間
FX業者 ヒロセ通商 月間取引頻度 200回以上
エントリー注文 成行 決済注文 成行
勝率 70% 損益レシオ R=1.5
平均利益 5~20pips 平均損失 -1~-15pips

チャートの環境

私が監視している通貨ペアは「6通貨ペア」です。ドル円、ユロドル、ユロ円、豪ドル円、ポンド円、ポンドドル。
常に通貨の強弱をチェックしていますが、主にKu-chartZ7(1分表示)というインジケーターで相関チャートを見ています。ファンダメンタルズもチェックしその日の強弱のある通貨に目をつけておきます。
他に使用するインジケーターは以下の通りです。
・ Movong Average(移動平均線90MAを設定)
・ SHI_Channel120mod(トレンドラインを自動で引く)
・ Mouteki_Demark_trend_new(トレンドラインを自動で引く)
・ ZigZag_Pointer_alert(矢印でエントリーを表示)
・ fractal_-_channel_adjustable_price__period_candles(10本のブレイクアウトを青赤で表示)
・ Kuskus_Starlight(ヒストグラムで相場の波【山と谷】を把握)
参考チャート クリックで拡大します▼
チャートはドル円がメインで、1時間足、4時間足を表示してトレンドラインやチャネルなどレンジをチェックします。常にラインを背にすれば(サポートラインを近く)ロスカットが小さく済むからです。
その他、6通貨のエントリーも基本はトレンド確認用の30分足とエントリー用の5分足を使います。スキャルピング専門の人は1分足も使って下さい。
5分足と30分足は全く同じ設定にしていますので見方は全く同じです。但しトレンド判断は30分足以上の長い足でチェックするようにして下さい。「Kuskus_Starlight」はノイズ対策で敏感設定(12/0.2/0.2/2/0)にしています。

エントリー方法

具体的なエントリー方法は、まず30分足の「青赤のブレイクサイン」が出ている通貨を狙います。基本的にブレイクされなければトレンドは維持されるという見方です。
例えば青の上ブレイクサインが点灯し、逆に赤いブレイクサインが出るまでロングのエントリーのみとします。上昇トレンドが続けばFX相場は直近の高値安値を更新してトレンドを形成していくという法則の通りです。
トレンドの確認方法として他には移動平均線の上か下か、チャネルの向き、「Kuskus_Starlight」が上か下かなどで判断します。
数時間以上保有するロングホールドの場合は、その30分のトレンド方向の押し目にエントリーするのが安全です。30分の「Kuskus_Starlight」の谷底を確認してから、5分で逆張りでエントリーします。
「Kuskus_Starlight」の尖った山の部分でエントリーして下さい。山谷が綺麗に形成されている波動か綺麗なチャートを複数の通貨ペアから探して常に選んで下さい。
エントリーの補助として「ZigZag_Pointer_alert」で矢印でサインが出ます。これを目安にトレードしても問題ないです。
しかしこのサインだけに囚われるとリペイント(過去の塗替え)が発生しますので、逆ポジのまま損切りが遅れてしまう可能性がありますのであくまで参考程度にしましょう。
参考チャート クリックで拡大します▼

損切りと利益確定

損切りは「Kuskus_Starlight」30分足が逆行したら100%カットします。大きなトレンド判断が誤っている場合に逆ポジを持ち続けていると大変危険だからです。
慎重に行くならば5分の逆行ポイントでロスカットしてもいいと思います。他には「Ku-chartZ7」で通貨の強弱が逆行し雰囲気が怪しくなってきたら早めにポジをクローズさせる方が安心です。
私の場合は強いトレンドが発生していても5分の逆行で一度利益確定をしていき再度押し目でエントリーを繰り返します。「Kuskus_Starlight」で谷が浅く色が続く場合は非常にトレンドが強いシグナルとなります。
そういう場合はトレンドが続いている間押し目で何度でもエントリーすることが出来ます。若しくは同じ色が続いている間ホールドもいいでしょう。逆ブレイクサインがでるまでは基本的にトレンドは続いているという判断です。
利益確定については同じく「Kuskus_Starlight」30分の山谷が逆行するまでホールドし続けます。短期であれば5分の逆行で利益確定します。
参考チャート クリックで拡大します▼

常に自分のペースでFXトレードする

どんなインジケーターを使っても、トレンド判断しその方向だけにエントリーするという方法は王道といえます。
損切りも目先の動きに翻弄されて狼狽して切るのと、自分の相場観でインジケータの逆行で切るのとでは意味が違うのです。常に自分のペースでトレードができるかどうかというのがFX相場で生き残る秘訣といえると思います。
このFX手法で勝つ人も負ける人もいると思いますが、トレンド判断や相場観の経験値を積んでいただいて、チャンスである局面に常にエントリーできるように精度を高めていただければ必ずFXで良い成績を残せると思います。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

11回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

  • 17.09.13
    13:03
    まだこんなことをやっている人がいるのですね。。。 ちっぱい星人
    上昇・下降相場においてリペイントし続けるzigzagインディケーターをどうやって信用しろというのでしょうか?
    「Kuskus_Starlight」も谷でエントリーと書いてあるが、どうやって谷を見極めるのですか?次の足が確定するまでわからないのでは?
    自動で描画されるトレンドラインは必要ですか?
    MA90はどのように使っているのですか?
    Ku-chartZ7(1分表示)を30分足チャートに落とし込めるのですか?
    また、もっと詳細な方法を書かないと理解できる人の方が少ないのでは?

    最後に管理人へ
    (サイトが過疎化してきたからといって)なんでもかんでも掲載するのはよくないのではないでしょうか?アフェリエイトに頼らなければ食べていけなくなったのですか?
名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

783

ページトップへ