783

現在783手法公開中!

ヒロセ通商の中長期派にも満足できる高いスワップポイント

最近、ヒロセ通商ではスワップポイントについても見直しを積極的に行い、最近では国内系のFX業者の中でもトップクラスにランキングされるほど高いスワップポイントがつくようにその条件が大幅に改善されるようになっています。
たとえば日本人の個人投資家がもっとも売買すると言われている豪ドル円ですと1万通貨で57円ほどのスワップポイントを獲得することができますので、年間でいえば20800円ほどの利益を確保することができ、かなり効率のいいポイントを稼いでいくことができるのです。
もちろんスワップポイントはその時々で変化しますが、今年に入ってからのヒロセの設定はかなり高いところを常時維持した状況となっています。

新興国通貨の高スワップポイントも維持

最近人気の高いトルコリラや、南アランドのスワップポイント設定も高くなっていますので、新興国通貨でスワップポイントを稼ぎたいトレーダーにもお奨めの口座です。
またユーロトルコリラやドルトルコリラといったさらにスワップレートの高い通貨ペアも設定されていますので、うまいタイミングで為替のリスクを避けながら売買することができれば、かなり大きな利益を確保することも可能になります。
そういう意味では通貨ペアが非常に多く設定されていますので、スワップポイントについても他社よりさらに稼ぎやすい口座になっていることは間違いありません。
最近では先進国通貨がほとんど低金利となっているため、豪ドル円やニュージーランド円といった通貨ペア以外はなかなかスワップ金利を稼ぐのが難しくなってきていますが、ユーロとこうした資源国通貨の組み合わせを売買するというのも利益を獲得するのにはかなり有益となることが、こうしたスワップ一覧を見ているとよくわかります。
国内業者各社のスプレッドは殆どのトレーダーが常に気にしているポイントですが、実はスワップポイントは業者によって今もかなり異なる設定が継続されており、適切な業者を選定して売買しませんと、大きな利益の差を生み出してしまうことにもなりかねません。
そういう意味ではヒロセ通商はスプレッドも狭く、一方でスワップポイントも業界最高水準を確保しているため、通常売買とスワップ狙いの両方に適合する口座であると評価することができます。
通貨ペアの設定も50に上っており、国内では最大の選択肢を提供してくれていますので、わざわざ目的ごとに業者を変えなくてもマルチに利用していくことができる口座になっているのは、トレーダーによっては非常に助かる存在です。


関連記事

ページトップへ