ひまわり証券の取引ツールは直感的な操作が可能!

ひまわり証券では、裁量取引とシストレの、2つの方法で、取引をすることが出来ます。
裁量取引の方は、レギュラー口座として、ひまわりFXと呼ばれています。ひまわりFXの取引ツールには、パソコンやスマートフォン向けに、さまざまなバリエーションがあります。
例えば、パソコンのインストール型のツールとしては、ひまわりFX PROと呼ばれるツールが用意されています。内容はきわめてオーソドックスでだれでも使いやすい内容となっています。
ワンクリックで売買ができる注文ボタンを実装していて、多機能チャートが装備されています。
さらに画面をカスタマイズすることが出来ますので、レイアウトやディスプレイ項目を好きなように設定して、快適に使うことが可能なのです。またこのツールは取引分析機能を実装していて、過去の取引内容を分析できるようになっています。
つまり、売買比率や決済状況などを精密に分析することが出来ますので、自分の取引の癖や、損失を出しやすい取引の形、通貨ペアなどが、よく分かります。
これらを見ながら、利益を高めるように、軌道修正することが可能なのです。また、ひまわりFXには、iPhone用に、ひまわりFX for iPhoneがあります。他にも、AndroidやiPad用のアプリが揃っています。
さらにデバイスに依存せずに取引のできるウエッブ型の取引ツールも用意されています。このツール類やウエッブサイトを利用することによって、裁量口座からシストレであるエコトレFXに資金移動をすることも可能となります。



シストレの取引ツールについて

ひまわり証券のシストレは、エコトレFXと呼ばれています。
シストレは、裁量口座から、証拠金を移動して使うことになります。エコトレFXでは、あらかじめ設定されている300種類以上の戦略の中から、最適と思われるものを選択して設定します。これだけで、すぐに自動売買を始めることが出来ます。
またポートフォーリオを組み替えることも可能ですから、より効率的な売買を行うことも出来るのです。また、別にインストールして利用するプラットフォームも準備されています。
このプラットフォームでは、基本的に、シストレとループイフダンの設定だけが出来るようになっています。さらに、アイネット証券が開発したループイフダンを、このプラットフォーム上で設定することが可能です。これにより、繰り返しイフダンを利用していくことが出来るのです。


裁量取引&シストレを上手に使い分けましょう

ひまわり証券の取引ツールでは、裁量取引とシストレを、切り替えて使うことが出来ます。
裁量取引のユーザーが、どのくらいシストレを実施しているのか? このデータは開示させていません。
ですが、初めての利用者にとっても、かなり使いやすいようです。非常に利用しやすい環境が整っているのですから、上手に使い分けて、効率よく資金を増やすことが可能なのです。


関連記事