794

現在794手法公開中!

FX手法

平均足と移動平均線を使ったシンプルなトレンドフォローFX手法

2016.06.09 | 
 

55回

平均足...

いままで長い間、FX関連の商材や教本でいろいろなFX手法を試してみましたが、結局シンプルな順張りが一番効率がよいと思い、一応今もこの取引をメインにいろいろと応用したりして取引をしています。
基本はやはり順張りだけの「押し目買い」、「戻り売り」となります。

押し目買い、戻り売りFX手法の概要

手法名 平均足を使ったFXの順張り
開発者 asyuasyuさん
勝てる? 勝てる
取引スタイル デイトレード
時間足 30分足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロ米ドル
分析手法 移動平均線、平均足
その他選択項目 ハイレバレッジ
取引市場 オセアニア市場、東京市場、欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 1時間から3時間
FX業者 XM 月間取引頻度 50回
エントリー注文 成行 決済注文 成行
勝率 60% 損益レシオ R=2
平均利益 +20pips 平均損失 -10pips

エントリー方法詳細

まず平均足の実態が移動平均線のどの位置にいるかを確認します。移動平均線の上にいたら買い目線となります。
移動平均線のパラメーターは基本「20」と設定しますが、その上の「75」でも「100」でもいいですが、2本の移動平均線を表示させて大きいパラメーターの移動平均線の上に小さいパラメーターの移動平均線があれば条件は、なお良いと判断します。
次に平均足が移動平均足の上にあり、陽線なら陰線が出るのを待ちます。そして陰線が出たら次の陽線に変わるまで待ちます。
そこで最終的に陽線が確定して次の足でエントリーします。売りの場合は逆のタイミングでエントリーします。
ここで20MAの角度もしっかり上に向いていたり、下に向いていると、なお好条件となります。

損切りと利益確定方法

損切りは直近高値、安値とします。損切りは直近高値、安値にだいたい2倍から2.5倍を掛けたところに置きます。
基本、損切り対利確の比率は「1対2」です。やはり基本ですが、損切り、利確を1対2以上に設定すればどんなFX手法でも、そんなに月トータルで負けることはないと思います。

FXで大きい時間足の流れは大切

基本、「押し目買い」や「戻り売り」のFX取引になります。このFX取引は騙しにも合いやすいのですが、取引を入れる時間足より大きい時間足のチャートで大きい流れを確認して、その流れと同じ方向でだけ取引を入れた方が騙しにあいにくくなります。
フィルターとして、オシレーターのインジでタイミングを見るのもいいですが、ネットでマルチタイムフレームの移動平均線のインジも入手しやすいので、いろいろと自分にあったフィルターを試してもらって、騙しにあわないようにしてもらったらいいと思います。
意外と20MAの上下を確認して、平均足の色変わりで損切り、利確をしっかり設定すれば普通に取引を入れるより成績は良かったです。
あと、ある程度ボラタリティーのある動きやすい通貨、時間にエントリーしないと騙しというか無駄なFX取引が多発します。
※海外FX業者で最も重要なのは100%出金できること!
出金拒否なし、安全な「海外FX業者」はこちら↓↓

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

55回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

794

ページトップへ