FX手法

平均足&移動平均線&MACDで大きなトレンドに乗る!

2014.06.05 | 
 

36回

平均足...

専門は株式とCFDですが、FXにも参入した専業6年目の個人トレーダーです。
私が考える、投資で食っていく為に必要なものは「資金管理」と「トレンドを把握する判断力」だと思っています。
大きなトレンドに乗る事が出来れば、新規ポジションのタイミングに失敗したとしても、カバーできます。
また、含み損に耐えられる「資金管理」を大切にしていないトレーダーは、相場にお金を投げるようなものです。
資金管理の話については、置いておきまして、今回は私が考えるトレンドに乗るタイミングについてお話していきたいと思います。
例えば、一般的に使われる移動平均線のクロス。これだけでエントリーをしても、それが必ずしもトレンドになるとは限りません。
またトレンドに乗れたは良いものの、小さなトレンドで終わってしまうという事も多くみられます。
その弱点を補うやり方で、今回は「大きなトレンドに乗る」というテーマで、手法を紹介していきたいと思います。
いろいろなインジケーターを組み合わせますが、トレード判断自体はとても簡単です。そのため初心者でも、すぐに使える手法だと思います。

平均足+EMA+MACD手法 概要

手法名 3つのテクニカルで大きなトレンドに乗る方法!
開発者 トレード生活6年目 さん
勝てる? 勝てる
取引スタイル デイトレード
時間足 15分足、1時間足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロ米ドル、ポンド米ドル
分析手法 MACD、移動平均線、平均足
その他選択項目 順張り
取引市場 欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 3時間
FX業者 GMOクリック証券 月間取引頻度 10回
エントリー注文 成行 決済注文 成行
勝率 60% 損益レシオ R=1.5
平均利益 +20pips 平均損失 -15pips

エントリー方法と決済方法

それでは、早速エントリールールについて解説をします。
買いポジションの場合
1.1時間足のEMA10とEMA21がどちらも上昇している
2.15分足のEMA10とEMA21がゴールデンクロス
3.MACDのゼロラインを上抜けている
4.15分足の平均線が陽線をつけたら買いエントリー!
15分足を見る前に、まずは1時間足のEMA2本でトレンド状況を把握します。この時2本が平行に上昇している場合が良いです。

決済について
損切りのタイミングは、EMA21を下抜けた場合です。通貨によって違いはありますが、-10pips~-20pipsのロスカットが中心値になります。
利益確定は、EMA10をローソク足の終値でブレイクした場合です。このルールの適用は、ダウ理論の考え方を取り入れて直近高値をブレイクしてからになります。
直近高値をブレイクするまでは、EMA10を下抜けたとしても決済は行いません。
※ユーロ円1時間足 取引イメージ
※ユーロ円15分足

1時間足のチェックは重要!日足の形もみること!

この手法はとことんトレンドに乗ることを、追求した手法です。
EMAのクロス、平均足やMACDなど、「トレンドに乗るため」のインジケーターを使っています。
しかし、この手法の弱点は値幅が狭い局面です。そのような場面で、シグナルが多く出てしまいます。
そのために、1時間足の相場環境をチェックしておくことが、非常に重要な要素になります。
また、欲を言えれば日足の形で、レンジ場が続きそうな場面では、「この手法を使わない」などの判断も取り入れると効率の良いトレードを実現することができます。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

36回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

767