FX手法

月利10%達成中の高速スキャルピング手法!

2015.01.24 | 
 

47回

月利10...

グランビルの法則とは上昇トレンドの場合移動平均線を上に抜けたら「買い」ポジションを持ち下に抜けたら「決済」です。下降トレンドの場合ですと逆になります。移動平均線を下に抜けたら「売」りポジションを持ち上に抜けたら「決済」です。
今回は、このグランビルの法則の考え方を軸にした「高速スキャルンピング手法」を紹介させていただきます。高速スキャルですので、取引回数は多くなります。
ただ、スキャルピングに有りがちな闇雲になんでもかんでも手をだすのではなく、トレンドを絞ってトレードをしていきます。
慣れれば、スキャだけでなくとも応用可能ですので参考になればと思います。

手法概要

手法名 高速スキャルピング手法
開発者 レオさん
勝てる? 勝てる
取引スタイル スキャルピング
時間足 5分足、15分足、1時間足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ米ドル
分析手法 移動平均線、一目均衡表
その他選択項目 順張り
取引市場 東京市場、欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 10分
FX業者 ヒロセ通商 月間取引頻度 100回
エントリー注文 成行 決済注文 成行、指値、逆指値
勝率 70% 損益レシオ R=1
平均利益 +5pips 平均損失 -4.5pips

3本の移動平均線と雲を使用

移動平均線は「短期線5」「中期線13」「長期線21」の3本で構成します。
まず「1時間足」で、一目均衡表をもとに雲の上にローソクがあれば上昇。逆に雲の下にローソクがあれば下降と判断します。
次にローソク足を「15分足」に変え「1時間足」と同じように、現在の位置が雲の上か?下か?を確認します。「1時間足」で上昇と判断した場合は「15分足」でも上昇のなっていることが条件です。
上記の要領で最終的には「5分足」でも上昇を確認します。そこでも上昇と判断したのであれば、初めてエントリーを行います。
エントリーポイントは上昇の場合、前述したように雲の上にローソク足が位置しており、移動平均線の「短期線5」「中期線13」「長期線21」と上から順番に並んでおり、尚且つこの3本が必ず上昇方向を向いている事が条件です。
この条件が揃っている時は、積極的に何回も売買を繰り返します。下降の場合は全て逆になります。
※取引イメージ(上から1時間足、15分足、5分足)

損切りと利益確定

損切りはあらかじめ逆指値で-4.5pipsで設定しておきます。
利確に関しては、基本的にプラスになったらすぐ利確です。慣れてくると、短期トレンドの波が分かってきますので、これはまだ継続すると思ったら+5pipsのところまで伸ばして、利益確定してください。
またまた、それにも慣れたら自分で利益確定のポイントを判断してください。私ですと、ローソク足1本1本の形を見ます。
他の決済ルールとしては、トレンド方向の長いヒゲを確認したら必ず決済です。あとは「宵の明星」「明けの明星」も意識すると良いです。
※決済イメージ

雲のなかでエントリーしてはいけない

この手法において、もっとも注意しなければならないところは必ず雲の中でのエントリーは控える事です。必ず雲の上か下かでエントリーをしてください。
上でしたら「買い」ですし、下でしたら「売り」です。これに逆らってしまうと・・ぼろ負けしますので、ルールを必ず守って下さい。
この手法で「月利10%」は確実です。一日20pipsとれたらOKなので、資産は右肩上がりに増えていきます。まずは、デモトレードから試し見る事をおすすめします。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

47回





関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

  • 15.11.12
    17:36
    良い手法だと思うのですが、 FXマン
    「条件が揃っている時は、積極的に何回も売買を繰り返します。」と、ありますが、利確したにしても損切したにしても、次の取引のタイミングは、どう判断しますか?決算後、即ですか?
名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

736