805

現在805手法公開中!

FX手法

値動きの荒いポンド円でスキャルピングを行う

2015.01.14 | 
 

32回

値動き...

FXでスキャルピングするときに、最も大切なのが値動きの大きさです。ボラティリティとも言いますね。値動きが少ないと、スプレッドの取引コストで相殺されてしまい儲けが無くなってしまいますが、値動きが大きい場合は、スプレッド分以上にpipsを稼ぐことができます。
値動きが荒い通貨ペアとてよく知られている通貨ペアが「ポンド円」です。
昔はスプレッドが広すぎて、とてもスキャルピングが出来る通貨ではありませんでしたが、スプレッドが狭くなった現在は、FXでスキャルピングするときにピッタリな通貨ペアといえます。
米ドル円やユーロドルと比較すると、スプレッドは広いですが、値動きの荒さでカバーしてくれます。

手法概要

手法名 値動きの荒いポンド円でスキャルピングを行う
開発者 ronaryouさん
勝てる? 勝てる
取引スタイル スキャルピング、デイトレード
時間足 5分足、15分足
通貨ペア ポンド円
分析手法 ストキャスティクス、トレンドライン
その他選択項目 順張り
取引市場 欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 30分
FX業者 DMM.com証券 月間取引頻度 100回
エントリー注文 成行 決済注文 成行、逆指値
勝率 70% 損益レシオ R=1.5
平均利益 +20pips 平均損失 -8pips

エントリーはトレンドラインとストキャスティクス

ポンド円のチャートは、1分足ではその値動きの荒さから翻弄されてしまうので、5分足と15分足のチャートを使用しています。
まず、15分足のチャートに「トレンドライン」を引いて全体的なトレンドを見ます。
トレンドラインが平行ならレンジ相場、右肩上がりなら上昇相場、右肩下がりなら下落相場、ラインの上限と下限が狭いときは小動き相場、広いときは乱高下相場と直感的に分かりやすいのがトレンドラインを使用するメリットです。
更に、5分足のチャートにもトレンドラインを引き、「ストキャスティクス」を表示させておきます。
エントリーのタイミングとしては、トレンドラインに価格が到達して、尚且つストキャスティクスが「デットクロス」したらショートをエントリーし、「ゴールデンクロス」したらロングをエントリーします。
基本的に上昇相場のときには押し目にロングするだけ、下落相場のときは戻りにショートするだけとし、トレンドに逆らわずにポジションを取ることが勝つ秘訣になります。
※エントリーイメージ


損切りと利益確定

とにかく、値動きが激しいので売買サインが出たらすぐに注文をしたいところです。その為、新規注文には成行注文のみを使用しています。
成行注文が約定されたら、利益確定は反対の売買サインが出てから。または、利益確定水準の+20pipsまで到達したら決済をします。
損切りについては、思惑が外れて急に反対方向に為替レートが動いてしまっても間に合うように、-8pipsですぐに逆指値決済注文を入れておきます。
※決済イメージ

欧州市場・NY市場に絞って取引する

トレンドに乗れたときは勝率が良くて結構稼げますが、小動きなレンジ相場になるとあまり上手くいきませんでした。
そこでオセアニア時間や東京時間は値動きが少ないので、値動きが活発になりトレンドが発生しやすい欧州時間や、ニューヨーク時間に絞って取引することで弱点を補っています。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

32回




関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

805

ページトップへ