外為どっとコムの新リリース「連続注文」システムとは?

外為どっとコムが新たに開発した「連続注文」システムは、マーケットの最高値・最安値をピンポイントの「点」として捉えるのではなく、「面」として幅広く捉えることによって、取りこぼしのないようにオーダーを約定させ利益をあげていくという業界注目の新システムです。
自分が想定していたレート付近まできて、ギリギリのところまで行って約定されず、そのまま自分の予測していた方向に急激に動いて大きな利益を取り逃したという経験は誰でもあるのではないでしょうか?
連続注文システムでは、「点」ではなく「面」で捉えマシンガンのようにオーダーしていくので、マーケットの曖昧な部分を狙い撃ちできる画期的なシステムといえます。リスク管理も徹底することで、非常に有効な手法になりそうです。

現在レート120円で117円が底値だと予測→118円で反転し120円へ上昇した場合

通常のトレードだと117円にピンポイントで新規指値注文を発注し、実際には1円高く反転したので約定できずにノーエントリーという形になってしまいます。
予想していた底値とは多少ズレていたものの、予想していた方向性は当たっていたので利益を逃してしまった形になります。これが、連続注文システムの場合117円で反転を予想しているが、面として捉えるので119、118円、117円と連続指値注文を次々と発注していきます。
結果、119円、118円の注文が約定され、120円までの利益を得る事ができました。このシステムは、新規注文だけでなく決済にも使えるので、リスク管理することによって大きな武器になりそうです。

連続注文システムのリスク管理方法

連続注文システムではリスク管理も徹底して行うことによって、安全に取引することができるようになっています。

現在レートは120円で117円が底値と予測→実際に115円まで下落後に120円まで上昇した場合

この場合、117円にオーダーをしながら、予想している上下の119円、118円、116円、115円に指値注文を出しつつ、それぞれ113円にストップ注文を発注します。
注文と同時にストップ注文を入れることによって、リスク管理をします。結果、予想より少し下の115円から反転していったので、5つのポジションで大きく利益をあげることができました。
仮に予想が外れてしまって、そのまま下がったとしても、113円にストップ注文を出しているので、リスクを最小限に抑えることができます。
外為どっとコムが新たに導入した「連続注文」システムは、リスク管理をしながらチャンスに最大限に利益をあげることを可能にしたシステムです。色々な取引の戦略を立てることができそうで、ぜひ一度使ってみたいシステムですね。

関連記事