811

現在811手法公開中!

FX手法

FX投資には株式投資にないメリットが多い

2014.08.23 | 
 

4回

FX投...

2013年4月にFXをはじめました。それ以前は8年ほど、株式のトレードをしていました。
なんとなくポイントサイトなどで、ポイントをもらえるからということで、DMMさんの口座を作ったりしているうちに、FXをはじめてしまいました。確か入金して1回取引をしたら、キャッシュバックがあるという感じでしたので、つられてやってしまったのです。
といっても、私の場合、株式の取引が長いのでFXの事は知っていましたし、チャートの読み方も知っていました。ですので、軽い気持ちでトレードをはじめました。それが、はまってしまって、現在は株式からFXに移行しました。

手法概要

手法名 ボリンジャーを中心としたトレード
開発者 BY.comさん
勝てる? 勝てる
取引スタイル スキャルピング、デイトレード
時間足 15分足、1時間足、日足
通貨ペア 米ドル円
分析手法 RSI、RCI、ボリンジャーバンド
その他選択項目 両建て、逆張り、順張り
取引市場 NY市場 ポジション保有時間 30分
FX業者 DMM.com証券 SBIFXトレード 月間取引頻度 100回
エントリー注文 成行、指値、逆指値 決済注文 指値、逆指値
勝率 60% 損益レシオ R=1
平均利益 +10pips 平均損失 -10pips

ボリンジャーバンドがメイン

チャートはDMMさんのを1枚、SBIさんのを1枚の2枚を1台のモニターに表示させています。
トレードにはパソコンは1台しか使いません。時々、補助で、スマホやタブレットを使ったりはします。
ローソク足は、普段は15分足を表示させている事が多いです。テクニカル分析は、トレンド系として、主にボリンジャーバンドを表示させています。
オシレーター系はRCI、RSIを表示させていることが多いです。エントリー方法はボリンジャーバンドが上向きであり、ローソク足が、ミドルバンドの上にあればロング狙い。ミドルバンドからの1σ上にぎりぎり、あるいはそのラインにローソク足が乗っているような時にエントリーです。
これはローソク足がバンドウォークを始めているのであれば、その中の押し目を狙っているのです。
バンドウォークはボリンジャーバンドの1σから2σくらいの間を歩いているような動きになることが多いです。
ですから、1σくらい所にローソク足があるのは買い時だと判断しています。
逆張りもしますが、含み損を抱えている時間も多く精神衛生上あまりよくないので、出来るだけ控えるようにしています。

損切りと利確の設定

だいたい、前回の安値よりも少し下に損切りを設定します。スキャルピングでもOCO注文は入れておきます。
利益確定は損切りよりは、自由に設定します。動きが怪しい、あるいは自分のターゲットとしている利益確定ポイントに到達しなそうな時には成行決済をしてしまうこともあります。もう少し大きく取れそうだとは思う所でも、20pipsも取れば、それ以上は欲張らないで利益確定してしまいます。
時にはもっと低めの10pipsとかでも確定してしまう時もあります。ちょっとせこいトレードではありますが、これで勝ち残っております。
FXをやって分かったのは、株式投資よりもメリットが大きいということです。株式とは違い24時間市場が開けてる事で、多くのチャンスを手にすることができます。また、レバレッジも簡単に掛けれるのも嬉しいですね。そのメリットを今後も生かしていきたいと思います。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

4回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

811

ページトップへ