794

現在794手法公開中!

FXの基礎知識からコアな情報まで!FXガイド

ファンダメンタルズ

基礎知識

  • 「消費」の経済指標で注目されるのは、「米国中古車販売台数」です。アメリカでは、新車よりも中古車市場の方が大きい為、相場に与える影響が大きいのです。その他、米国・ユーロ・日本の3国の消費に関連する経済指標の種類と発表時期について解説しております。
  • FX相場は時として、数分の間に予測できない値動きになることがあります。それは、テロや戦争関連のニュースであり、また予期せぬ自然災害でもあります。そういった突発的なニュースに対応するために、常に相場にアンテナを張り巡らせる必要があります。一番大切なのは、リスク管理です。
  • FX相場では、たった一人の要人発言で大混乱してしまう事がよくあります。しかし、要人発言は、テロや自然災害とは違い、発言する時間帯が決まっていますので、相場の乱高下に備えることが出来ます。ですから、各FX会社のニュースや要人発言の予定を細かくチェックする必要があるのです。
  • 各国の中央銀行が発表する「政策金利」 で、相場は大きく変動します。FXでは、長期投資のファンダメンタル分析として、この中央銀行委員会で話し合われた議事録を参考にする人が大勢います。その国の方針を決める重要な指標になりますので、必ず毎月チェックしなければいけません。
  • 毎月、第一金曜日に発表される「米雇用統計」は相場を乱高下させる原因になります。発表1分後には100pips以上動く事もあります。それだけ、相場に影響を与える雇用統計とは何なのか?についても分かりやすく解説しております。
  • インフレとは何なのか?また、インフレに関連する各国の経済指標の種類と、発表時期について解説している記事です。インフレの注目指標は、消費者物価指数と生産者物価指数です。米国の発表は毎月15日前後で、世界中から注目されています。
  • ファンダメンタルズで重要な指標に、センチメント調査があります。これは、簡単に言うと、アンケート調査の事を指します。日本ですと、日銀短観が最も有名で、日本銀行が企業に対してアンケートを行います。
  • 貿易収支の黒字が当たり前である日本やカナダ。赤字が当たり前であるアメリカ。「貿易収支」は各国の経済指標のなかでも、注目が高いと言われている指標の一つとして知られています。
  • GDPは、「国内総生産」という意味を持ち、テレビのニュースや新聞でも、GDPは盛んに出てきますね。各国のGDPが相場に与える影響は大きく、毎回速報値は特に注目されます。その他の「生産」に関連する経済指標についても分かりやすく解説しております。
  • ファンダメンタルズとは、マーケットの土台、基礎部分を指す言葉として使われます。その国の金利や景気などは、外国為替市場の動きを左右する重要な要素になります。また、金利や景気を数値化した経済指標が相場に与える影響を、FXを行う上できっちりと考慮しなくてはなりません。

件数 10 件  1〜0件目を表示

ページトップへ