FX手法

フィボナッチ変形トレード@決済ポイントが明確なFX手法

2016.01.28 | 
 

10回

フィボ...

フィボナッチリトレースの通常の使い方を逆にしたエントリーポイントを考えました。
誰でも1度は、見聞きしたことのあるテクニカル指標であり、世界中で注目している人が多いと思われるのでそこに注目してより勝率の高いFX手法を考えました。
簡単な方法でより多くの利益を望むこともできますし、改良することによりルールの構築も簡単です。
また、利益確定ポイントと損切りのポイントも簡単にわかるので取り組みやすいと思います。

FX手法概要

手法名 フィボナッチ変形FXトレード
開発者 スキャルマンさん
勝てる? 勝てる
取引スタイル スキャルピング
時間足 1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、1時間足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ米ドル
分析手法 ローソク足、フィボナッチ
その他選択項目
取引市場 オセアニア市場、東京市場、欧州市場、NY市場 ポジション保有時間
FX業者 OANDA JAPAN 月間取引頻度 20回
エントリー注文 成行 決済注文 指値、逆指値
勝率 60% 損益レシオ R=1.5
平均利益 +30pips 平均損失 -20pips

「山」になっている部分を探す

1時間足で添付チャートのように逆に使用します。説明するのが難しいですが、チャートを見て山のようになっている部分をひたすら探します。
その山部分が完成した時にフィボナッチを山の底(サポートライン)を100パーセントとして、直近高値近辺に0パーセントをセットします。
そうすると添付FXチャートのようになると思います。
ここでサポート100パーセントをした抜けたときにこの手法のエントリーポイントの探しどころです。
フィボナッチの160パーセント近辺までチャートが落ちた時に買いでエントリーを行います。
正確に160パーセントにタッチとなるとチャンスが激減しますので、その近辺ということで、前後10PIPSを見て反転した時にエントリーというルールを追加してエントリーを行います。
売りの場合は、この逆になるわけです。しかし経験則的に上昇局面中(1時間足以上の足でで上昇トレンド)の押し目となるこの160ポイントでのエントリーが勝率が高いように思えます。
売りの場合スピードが速くエントリーのタイミングがこの手法だとつかみにくく難しいので最初は、買いの上昇局面だけでいいと思います。

損切りと利益確定

利益確定は、チャート上で、100パーセントまで戻したときに決済です。
損切確定は、160パーセントを下回り-30PIPSまで到達した時点で決済とします。利益確定に関して、伸ばすことを考えると0パーセント地点までを狙うことも十分にできます。
なぜかというと、もともと上昇局面の押し目を狙うという意味合いでのエントリーとなりますので直近高値まで戻しと考えれば、0パーセント地点までを狙えます。この地点までくれば損切を数回しても十分にトータルで利益が残るはずです。
私は、スキャル中心でFXトレードを行っているので早めの決済をどうしても選択しがちです。
最初のポジションで10万通貨、100パーセント地点で半分決済で残りを順次決済というルールでもいいかと思います。このようにご自身の正確やスタイルに合わせて色々なルールができると思いますのでアレンジしてみてください。

最初は「買い場」を探す

FX手法自体は、シンプルです。ルールでも述べたように最初は、上昇局面での買いのみを狙うのがよいかと思います。
上げ相場は、ゆっくりと動きますので判断できる時間が多くなります。下落鏡面では、スピードが速いのと動きが激しいのでFX初心者の方には、難しいと思います。皆様の参考になれば幸いです。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

10回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

776