783

現在783手法公開中!

FX手法

フィボナッチまでの戻りを想定した逆張りFX手法

2014.11.23 | 
 

6回

フィボ...

まだトータルでマイナスなのですが、ここ数年FXチャートを見ていて最近実践していることです。
どこでエントリーしてもマイナスになる可能性はあるので、市場参加者が意識していそうなポイントでエントリーするのが勝率は高いと思います。
そして損切りは仕方がないとあきらめて、必ず入れることが大事です。傷口が広がる前に逃げておけば、その分またおいしいところや分かりやすい所でエントリーできるのですから。
FXの上手な人がいたらその人のやり方を真似をして自分の物にするのもいいと思います。でも、その人それぞれの感性があるので、やはり難しいかもしれませんが、自分で一から見つけるよりも早くコツが分かるかもしれません。

フィボナッチFX手法概要

手法名 フィボナッチで逆張りFX手法
開発者 takeoさん
勝てる? 勝てる
取引スタイル デイトレード
時間足 1時間足、4時間足、日足、週足
通貨ペア 米ドル円
分析手法 ストキャスティクス、RSI、移動平均線、ボリンジャーバンド、フィボナッチ
その他選択項目 逆張り
取引市場 東京市場、欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 4時間
FX業者 iForex 月間取引頻度 20回
エントリー注文 成行、指値 決済注文 成行、指値、逆指値
勝率 60% 損益レシオ R=1.5
平均利益 +20pips~+30pips 平均損失 -20pips

十字線でエントリー。フィボナッチを参考にして決済

まず、FXチャートを1時間、4時間を必ず表示して、毎日、週足と日足を見ておきます。
それぞれ「ボリンジャーバンドを±3σ」まで出して「移動平均線5日・25日・50日」を表示します。
また、「ストキャスティクス」「RSI」も出しておきます。それぞれ設定は規定値で。
それから日足でも1時間でも同じ見方ですが、直近の下値からボリンジャーバンドの±2σと±3σに付く、インジケーターの「ストキャスティクスが80%」「RSIが75以上」でしたらローソク足が「上髭の長い足」一番分かりやすいのが「十字線」が出たらチェックポイントです。その日や時間が終わるまで見届けます。
この条件がそろったら、直近の安値から高値まで「フィボナッチ」を引きます。
そして、その高値を抜けたら損切りという設定にして、逆張りでなるべく高値に引きつけながらエントリーします。
そうすると、だいたい、38.2%のところに落ちてきて上がるなら反発するので、その辺りに控えめに利益確定をします。
良く落ちると61.8%まで落ちたりします。その次は78.2%。なので日足ベースで下落傾向が続いていたりすると61.8%辺りで反発するかな?と逆張りを張ることができます。
厚いポイントになることが多いので焦らず見ているもしくは指値をいれておけばいいので楽です。FXをしながら、のんびり他の事ができます。
一番の高値で入るのは難しいので次の足で狙います。それも逃してしまったと思ったら枚数を減らして、なるべく引きつけてエントリーするのがいいです。非常にわかりやすいFX手法であると思います。
※取引イメージ
※海外FX業者で最も重要なのは100%出金できること!
出金拒否なし、安全な「海外FX業者」はこちら↓↓

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

6回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

783

ページトップへ