797

現在797手法公開中!

FX手法

EMA3本(10・20・50)による順張りトレード手法

2014.12.11 | 
 

103回

EMA3本...

今までは、5分足相場で、MAよりも感度の良いEMA(10と20)のクロスでエントリーを決めていましたが、上位の時間軸も見てトレンド判断しようという観点から、1時間足相場も見ていました。
しかし、2枚のチャートを見比べるのは結構疲れるため、なんとか1枚のチャートのみで把握できないかと思い、5分足相場でEMA50を加えました。
しばらくチャートを見ていると、この3つのEMAがクロスしたところから、大きくローソク足が伸びるケースが多いことに気づき、以後、これをエントリー条件としました。

EMAクロスFX手法の概要

手法名 EMA3本による順張りFX
開発者 SnowSpringさん
勝てる? 勝てる
取引スタイル デイトレード
時間足 5分足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロ米ドル
分析手法 移動平均線
その他選択項目
取引市場 オセアニア市場、東京市場、欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 720分
FX業者 マネーパートナーズ 月間取引頻度 5回
エントリー注文 成行 決済注文 成行
勝率 80% 損益レシオ R=5
平均利益 +50pips 平均損失 -10pips

取引ルール詳細

EMA10・20・50が同時にクロスしたタイミングでエントリー。
大きくpipsが取れる場合が多いので特に決めていませんが、大体50pips程度で利益確定です。損切りは-10pips程度です。

スマホ・タブレットでFXトレードが可能

当然ながら発生頻度は少ないのですが、複数通貨をウオッチすることでエントリー機会を増やしています。
自分のスタイルとしては、この方法に加え、他に数種類のFX手法で臨んでいるため、エントリー機会は割と多く、全体で利益を出しているという感じです。
このFX手法では、ドル円やユーロドルとの相性が良いように思います。ちなみに、このFX手法の場合、RSIなどオシレーター系のテクニカルは使用していません(EMAのみ)。
また、現在レートがEMA50のどの位置にあるかも、他のFX手法の場合の参考にもしています。
なぜEMAを使うようになったかというと、インターネットでEMA20と検索すると、結構ヒットしてきたため、読み込んでいくうちに、これはいいかもと思い使い始めました。
他の時間足では試したことはありませんが、おそらくどの時間足でも大丈夫と思います。自分としては、時間足や日足などはどうも性に合わなく、5分足のトレードがメインになっています。
また、昔はパソコンに張り付いていましたが、最近はスマホ・タブレットでトレードできる環境が整っており、EMAはほぼ標準で表示させることができるため、今やFXトレードにパソコンは使わなくなりました。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

103回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

797

ページトップへ