FX手法

ダブルゼロとトリプルゼロでエントリーしてみた

2014.08.21 | 
 

3回

ダブル...

チャートを見ていると、キリの良い価格でピッタリと止まる事が多いように思って、
「あれ。もしかして、キリの良い価格で注文すれば良いだけなんじゃない。」という考えに至りました。 
そこで、100.00円、110.00円が「トリプルゼロ」トリプルゼロは1000pips刻み。 
101,00円、102.00円は「ダブルゼロ」ダブルゼロは、100pips刻みとし、
この価格で機械的に売買をすることにしました。
 

ダブルゼロ&トリプルゼロ手法概要

手法名 キリのよい価格でエントリーしてみた
開発者 ジロさん
勝てる? 勝てない
取引スタイル デイトレード
時間足 日足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円
分析手法 ローソク足
その他選択項目 逆張り
取引市場 オセアニア市場、東京市場、欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 10時間
FX業者 FXプライムbyGMO 月間取引頻度 10回
エントリー注文 指値 決済注文 指値、逆指値
勝率 20% 損益レシオ R=5
平均利益 +50pips 平均損失 -10pips
 

エントリー注文は指値

注文は、機械的に行う必用があるので、すべて指値注文にしました。
本業もありますので、日中はチャートを確認することが、ほとんど出来ません。
ですから、朝起きたら、ダブルゼロに売り2つ。買い2つ。つまり200pipsの範囲で注文をしておきます。その日に約定しなければ、自動的に翌日に持ち越しになりますので、半自動売買のような感覚です。
トリプルゼロに関しては、1000pipsピッチなので、滅多に注文はありません。しかし、その分、強いレジサポになると思ったので、ダブルゼロよりもロット数を1.5倍にしていました。 
 

利益を大きくとる

決済については、こちらもエントリーと同じように、指値と逆指値を予め刺しておきます。
逆指値が-10pips。指値が+50pipsという数値です。これは、ダブルゼロとトリプルゼロで止まるのであれば、10pips逆にいったら、その効力は何もないなという考えからです。
利益を大きくとらなければ、トータルで勝てないと思ったので、極端な利益設定にしました。 
 

トータルで利益は残らず

この手法の結果ですが、残念ながら勝てませんでした。
これで、勝てるのなら楽なことはないな~。と思っていましたが、流石にちょっと安易すぎたでしょうか。日々チャートをみている時は、反応しているようにみえたレートも、実際にリアルで動かしてみると違った結果になりました。
ただし、勝てなかったといっても、損失が多いのではなく、プラスマイナスゼロに近い成績です。
これは、利大損小の取引スタイルだったから、この成績で終えれたのか?レシオが低ければ、もっと負けていたのかもしれませんが、そのあたりは、決済の方式を変えて、しばらく検証したいと思います。 

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

3回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

768