783

現在783手法公開中!

FX手法

ダウ理論を使いトレンドに乗る事だけを考えてFX取引する

2014.12.16 | 
 

18回

ダウ理...

出発点は私にはFXトレードの才能がないと自覚したことです。いくら詳細に分析しても未来のことは分からないので、未来を予測するのを諦めて、トレンドに乗ることだけを考えました。
トレンドの特徴としてはトレンド方向に進みやすいことと、トレンド方向に大きく動きやすいことだと思います。
この性質をうまく利用してトータルで利益を残します。トレンドはどうやって判断するのかということですが、ダウ理論(上昇トレンドの場合、高値安値切り上げ)をメインとしてます。

ダウ理論FX手法の概要

手法名 ダウ理論に忠実な順張りFX手法
開発者 TKさん
勝てる? 勝てる
取引スタイル デイトレード、スイングトレード、長期保有
時間足 15分足、1時間足、4時間足、日足、週足
通貨ペア 米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロ米ドル、ポンド米ドル、NZドル円、豪ドル米ドル、NZドル米ドル、ユーロ豪ドル、ユーロポンド、カナダドル円、スイスフラン円、その他
分析手法 ローソク足、ダウ理論、移動平均線
その他選択項目 順張り
取引市場 東京市場、欧州市場、NY市場 ポジション保有時間 1~5時間
FX業者 ヒロセ通商 月間取引頻度 10回
エントリー注文 成行 決済注文 成行
勝率 50% 損益レシオ R=2
平均利益 +60pips 平均損失 -30pips

高値と安値が切り上げている形を探す

ロングの場合で説明します。基準となる時間足が「高値安値切り上げの形」になっているチャートを探すことから始めます。
この形になっている時は、きれいなトレンドができているときですので、その流れに乗ります。エントリーは価格が支持線あたりまで下がってきたときです。
デイトレードは比較的シビアなエントリーが求められますが、時間軸が長くなればなるほどエントリーは大体この辺かなという感じでもトータルでは勝てます。私の場合フィルターとして25日移動平均線より上に価格があるときとしています。

利食いは損切りの2倍に設定する

損切りは支持線を明確に割り込んだら。利食いは損切りの2倍に設定します。
トレンドに乗っていればトレンド方向に進む確率が高い(少なくともトレンド方向に大きく動きやすい)と言えるので、損切り幅:利食い幅=1:2であっても勝率は50%前後になることが多いです。
勝率が33.33%で損益がゼロなので、多少連敗が続いても精神的に安定しやすいです。

FXのエントリーが下手でも何とかなる

完璧なエントリーを求めないと精神的に楽になります。このFX手法はトレンドに乗っているので、エントリーが下手でも何とかなります。
注意点としては「損切り幅より利食い幅を大きくすること」です。そうでないとトレンドの恩恵を十分に受けることができません。日足や週足などの比較的大きな長めの時間足でトレードするとトレンドの恩恵を受けやすいと思います。
その場合は複数の通貨を扱うなどすればエントリー回数も増えると思います。

この手法が気に入った方はGood!をクリック!

 

18回

関連記事 こちらの「FX手法」もご覧ください

コメント

名前 (必須)
E-mail 公開されません (必須)
画像
(横幅590pxまで)
タイトル (必須)
コメント (必須)

 利用規約に同意 

783

ページトップへ